21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年08月25日(木)

QUEENV遍歴 [解説 > 音楽]

70年代後半

「世界に捧ぐ」何が変わったのか?まずメンバーが散髪した(笑)。
ロジャーやジョンの髪型がよく取りざたされるが、ブライアンも
この時、かなり短くしている。

そしてファッションがこ洒落た(笑)。それ以前の如何にもロックミュージシャンな
ファッションがそれなりにお洒落になった(ジョン除(笑))

サウンド面ではダビングが減った(笑)。ノイズなのかギタ‐の音なのか
わからないくらいダビングにダビングを重ねていた彼らの音作りがシンプルに
より楽器の原音に近くなった(エレキで原音もおかしい表現だが
まあアンプから出ている音に近くなったということだ)。

曲ではジョンの曲が増えシングル向きの曲が増えた。別にジョンの曲が
悪いというわけでなくて彼の作る曲が一般受けし、全体的により
ヒットチャート向け、養殖物化し始めたのだ。

ちょうどこの時期にフレディが「僕が最近曲作りをサボってるけど
他のメンバーが助けてくれるから」のようなことを言っていた。
ジョンが自ら、我も、我もと我を張って出しゃばってきたとは思えないが
「ベストフレンド」のヒット(シングルカットはされていなかったと思うが)で
自信をつけ、フレディの怠慢(笑)もあって曲が増えたのだろう。

「世界に捧ぐ」は意図的にルックス面、サウンド面をがらりと変え
斯様な養殖物化への過渡期のアルバムであるが故に従来の天然物作風も
残りアルバムとしてのよさと個別の曲のよさが合い待った良作となったのである。

今時、「ウイウイルロッキュ」や「伝説のチャンピオン」なんて
子供でも知っている(ホンマか?)。

そして養殖物に戸惑った彼らの迷いが「ジャズ」である。

Posted by 陰陽師 at 18時15分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/onmyon/tb.php?ID=260

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2005


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

六合逝ってきた

六合逝ってきた

今日も京都て

今日も京都て

やっちまった

やっちまった

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.