21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年10月10日(月)

鈴鹿レポその2 [スポーツ]

鈴鹿のレポをしようと思ったんで録画していたDVDを確認も含めて見た。当日はフジが地上波を生中継するというので携帯液晶テレビを買って持っていったがこれだけの人(のせいかどうか知らないが)、電波が入らないorz。携帯も繋がり難い。

情報という点ではテレビ観戦のほうが圧倒的に有利だ。場内放送もあるにはあるがそんなもの爆音にかき消されて聞こえやしない。あとはFMラジオを使うしかないが余程感度がよく無ければこれもダメ。それにイヤホンでは爆音のためよく聞こえない。

サーキットでは指定席からなら見られる大画面モニターか、時々聞こえる(笑)場内放送から情報を得るしかない。後は自分の(笑)。

家なら雨や日差し(これが結構強い)や人混みやトイレ&買い物に列に並んだりしなくていいし、わざわざ遠くから車で、朝早く起きたり夜中に走ったり、駐車場を捜したり、歩き回ったり(まあ兎に角歩く歩く)、狭い車中に泊まったり(まずホテル はとれない)、高い指定席料を払ったり(これが狭い、固い、汚い、だったが今年は綺麗にはなった)、まあとりあえず精神的な健康のためにはテレビ観戦がお薦めだ。

それでも、それでも、それでも、それだけの不利を横に置いといても、置いといても、置いといても、一度サーキットに行きなさい、感動します、、それで感動しない人はモータースポーツに向いていないので止めなさい(笑)。

長い前置きはさておいて、本題。テレビをみた人なら結果も含め全部知ってるだろうからテレビでわからなかったようなことをいくつか、、、。

アロンソVSシューミー、ライコネンVSシューミー、、すべてに圧倒的に速い二人をなんとかテクニックと誤魔化し(別に悪い意味ではない)で何周にも渡りブロックし抵抗続けたシューミー!さすがだ!若い奴らには簡単には抜かせない、俺というハードルを自力で越えてみやがれ!こんちくしょー!と言ったかどうか知らないがその場面場面で出来る限りのことをする、ひとつでも前に出る、それを続けるということは強靱な精神を必要とすることでありまだまだ闘志は衰えず。来期捲土重来を待ってるゾ!

↑これ、テレビだと簡単に抜かせたように映っていたがそれそれは抵抗続けていたんですわ。

鈴鹿サーキットが出来たのが43年前(陰陽師と同い年)。それ以降、世界の一流ドライバーやエンジニアがチャレンジングでエンジン・車体・タイヤ・ドライバー、すべてが揃っていないと速く走れないと賞賛するサーキットである。

近年さすがにコース幅が狭く、エスケープゾーンも狭く、抜きどころが少ない、と言われちょっと評判を落としていたが、今年のこのレースではそんな話もどこ吹く風。アロンソは130Rでアウト側からシューミーを抜くし、BMWを1コーナーで片輪をダートに落としながら抜くし、ライコネンもシューミーとフィジケラを非常に巧みに1コーナーでパスした。

ほんでこれ、誰が誰を抜いても観客は大喜びなんですな。パッシングシーンが1レースで1〜2回観られたらいいほうの中、この抜きにくいと言われる鈴鹿でこれだけ観られたら、、、今年一番のレースですぅ!!!

で、おまけ。。。

真っ黒マッチに永井大、山田優の三人。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

マッチが横向いてるんでわからへんし

今年出来たV席という巨大な建物。わかりにくいですが建物の根元の屋外、屋根が掛かる一人掛け席で¥56,000!テラスになった部分で¥150,000。ガラス張りの建物の中は、なんと¥280,000也!!!!宝くじ期待でいきませう。。。ちなみに私たちがいたS2席は¥41,000。全部別途観戦券¥9,000が必要です(笑)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

この建物が出来たおかげでS2の私たちは随分恩恵を被った

Posted by 陰陽師 at 21時15分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/onmyon/tb.php?ID=307

コメント

なんかシューは往年の「星野」みたいな雰囲気になってきたなぁ〜「俺より速いマシンに乗ったところで簡単に抜かせないぜ!!」みたいな気迫があるわぁ〜アロンソが抜いた瞬間思い出したのが、88年の星野vs亜久里の戦い!! 5月のMINEで一年落ちマシンで星野のアウトから並んで走りまくった後、最終戦、同年形式のマシンで鈴鹿の130Rでアウトからタイヤ跡をお互いのボディに残して立ち上がってきた時を…
あとF3000チャンプだったG.リースにカシオシケインで仕掛けてしくじった「新人」右京を今回の琢磨を見て思い出した…確かその2年後F1に昇格した凱旋レースの鈴鹿でチームメイトともカシオシケインでぶつかっとったなぁ…
いずれにしろ今度のQueenセッションは鈴鹿のログキャビンを借りて、温泉につかりもってやりたいものだなぁ〜

Jun Green 2005年10月10日 22時58分 [削除]

いや、シューミーは未だ星野さんにはなっとらんゾ!
去年の改良車では結構速かったのに今年の新車は遅かった。
長年チャンピオンを取りつづけてきた奢りがちょっぴり出たんだ、フェラーリに。
来年は速いゾ!

やっさん@LILAQUEEN 2005年10月11日 12時53分 [削除]

今年のシューは93年のセナを思い出して
しまいました。それだけ熱かったです☆

でもアロンソの130Rのオーバーテイクは90年のセナ&プロスト(第一コーナー接触)くらいゾクゾクしました!

よっしい 2005年10月11日 18時23分 [削除]

>よっしぃ☆
>今年のシューは93年のセナを思い出して

今年のシューミーは93年のセナより状況は悪いと思う、、、。

やっさん@LILAQUEEN 2005年10月12日 08時53分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

米国に想う

米国に想う

四季

四季

プログレ普及会現在完了未来形

プログレ普及会現在完了未来形

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.