21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年08月14日(月)

盂蘭盆会レポート [解説 > 音楽 > ライラック]

画像(320x240)

Banana Chot CHUさんが写ってないしorz

美貌のため、もとい備忘のため先日終わった盂蘭盆会のレポートを書き置きしておく(笑)。といっても自分の出演バンド以外のことはほとんど覚えていないので自分の出演バンドのレポートとする(笑)。

Banana Shot
(バンド名の由来をお聞きするのを忘れた!又教えてください、笑)

メンバー
 おまるさん(Vo) すみよさん(G&Vo)リコさん(Ds&Vo)
ここまでが現役時代からの正式メンバー。
以下、Banana Chot(笑)。
ゆるぎさん(G)CHUさん(Key&Vo)陰陽師(B)

演目

「Just Can't Wait」J.Geijs Band
J.Geils と聞くと「ベストヒットUSA」を想い出すあなたは立派な70年代人間です(笑)。小林克也がやっていた深夜番組でよく彼らのクリップを見た記憶がある。

「Fooled Around And Fell In Love」Elvin Bishop
ベース的に言うと、ゴーストノート(弾くような弾かんような音のこと)を使ったりして雰囲気を滅茶苦茶出さないといけない曲。

当日の練習で、私が受け取ったCDに入ってる曲のエンディングとBananaがずっとされていたエンディングが違うことがわかり、そのことが本番中に気になった瞬間目の前のことが真っ白になって間違えてしまったのは私です(爆)すいませんm(__)m

「I Surrender」RAINBOW
ここからギターにゆるぎさんが入ってハードに、という選曲だったそうですが、ゆるぎさん曰く「俺、レインボーって好きちゃうでぇ」(笑)とのこと。ちなみにあたしゃ高校生ん時レインボーって結構コピーしてましたよん、ギターのやつが好きでしたから。

「Anyway You Want It」Journey
告白します。この曲はずっと知っていました。しかしジャーニーの曲だということは今回初めて知りました(笑)。基本的に産業ロックのレコードやCDは一切持っていなかった私(さすがに最近はちょっとづつ買ったりしてますけど)。この辺はとっても無知です(笑)。

練習

当日に初めてのバンド練習、しかも三時間(笑)。曲を始めてすぐ「わっ!はもってはるぅ!」(笑)。ロックバンドの練習でちゃんとはもる練習してるのを生まれて初めて体験しました(一体、自分は今まで何をやって来たのだ?笑)。す、素晴らしい!異次元の体験でした(笑)。某ライラックイーンではメインの方からして外してはりますから、、、orz

練習といえば盂蘭盆会では、たとえセッションバンドで当日にしか音合わせ出来なくても必ずスタジオ練習してから本番に出演する。バンドの音を出来るところまで作ってから出演する。これが徹底されてます。

俺、遠くからやし誰かに楽器借りてやりゃいいやん!みたいな人は居ません。どんな遠くの人でも自前の楽器を持ってきてスタジオ練習をしっかり(出来は兎も角、笑)して出演する。まあ、当たり前ゆーたら当たり前ですけどね。。。ね。。。某所では、、、あ、止めとこ、(笑)

本番

私が間違えて来年のリベンジ!?宣言されたり、ゆるぎさんのエフェクターの電源が落ちて音が出なくなったりとかありましたけど、めちゃめちゃ楽しかったですよ。あとから見てた人に「緊張してたんちゃう?」と聞かれましたが、確かに少しは緊張してましたけど、3時間練習して疲れてましたけど、こんな異次元の体験が出来たんですから、、、!!!

それと他のセッションバンドでは世代間を超えたセッションが組まれたり、余りライラックで聞かれなかった傾向の音楽が演奏されたり、まだまだライラックは進歩し続けます。

時代錯誤の最先端と言われたライラックは永遠に不滅です!(って大丈夫か?俺)


又、来年もやりましょね!

Posted by 陰陽師 at 12時45分   トラックバック ( 2 )   コメント ( 8 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/onmyon/tb.php?ID=527

なんだったんだサマーホリデイ

いきなり余談で恐縮だが、きゅうり・トマト・ナスといった今が旬の夏野菜には、体を冷

日々の覚書 2006年08月15日 00時15分

花火と盂蘭盆会とエイプリル・フールズ

 10日は宇治川の花火大会を観に行った。と言っても、例年通り巨椋池干拓地のあぜ道からの観賞。子供がもっと大きくなったら、近くに観に行ってもいいが、今はすぐに飽きるの

曲者じゃ!出会え、出会え!! 2006年08月15日 00時41分

コメント

そ〜か!異次元体験だったのね・・
ハモリにつきましては、普段引っ込んでいる私にとりましては 
ここにいまっせ〜って自己主張&ストレス解消に使わせていただいてます(笑)
バナナショットってなんとなく・・ちょっとだけ?やらしいトーンで・・
確かおまるとすみよが言い出して決まったような・・
多分1回生の秋の頃でしょうか?
入学当時は ロックCというバンド名を割り当てられてましたっけ・・
その頃 1回生のバンドは 登録順にA,B・・と 付けられてましたけど。

リコです!! 2006年08月14日 18時17分 [削除]

お疲れ様でした。大好きな選曲でした。すっかり、楽しませていただきました!
写真・・・枚数はとったつもりだったのですが・・・
そういえば、うちは、ロックGでした。中西や昌子と一緒に。

みや 2006年08月14日 21時18分 [削除]

>リコさん
>ちょっとだけ?やらしいトーンで・・

わかりました、これ以上突っ込まないようにします(笑)

>みや殿

おう、写真ありがとう。ちゃんと仰山撮れてたよ。ブログはわざと顔が見えにくいの選んだし(お姉さまがたに顔さらし許可貰ってないから、笑)。

ちなみに君のチームで誰かビデオ撮ってないか?

PS、俺もロックG(笑)。

陰陽師 2006年08月14日 23時08分 [削除]

写真 1枚もとってないので みなさんくださ〜いぃぃ!

伝記の人?リコ 2006年08月15日 13時37分 [削除]

お疲れさまでした。部外者で、当時の想い出はありませんが、そんなこと関係なく楽しませていただきました。これからは産業ロックのレパートリーも増やしてください。

>俺、遠くからやし誰かに楽器借りてやりゃいいやん!みたいな人は居ません。どんな遠くの人でも自前の楽器を持ってきてスタジオ練習をしっかり(出来は兎も角、笑)して出演する。まあ、当たり前ゆーたら当たり前ですけどね。。。ね。。。某所では、、、

バンド単位の出演なら当然でしょう。某所ではほとんどセッションですから、私は曲数や出演者を見て自分の楽器を持っていくか借りるかを決めます。ヘタすれば曲ごとにメンバーが違う。連続して演奏できないことは当たり前ですから、進行のスムースさを考えると、出演者全員が自分のセットで演奏すると、演奏時間より転換の方が時間が掛かることになりますからね。逆にバンド単位での出演者で、楽器を借りた人は某所でも知りません。あっ、この前私やったか、一曲だけだったから。だから3曲しましょうか。

忍者 2006年08月15日 19時36分 [削除]

>伝記の人?リコさん

写真撮りましたので何とかします(笑)

>忍者殿

遠いところ(遠くない?)をどうもありがとう。
楽しんで頂けたようでそれは良かった。
実は、産業ロックのレパートリーは遠い過去に結構やった(やらされた?)。でも興味ないから全然覚えてないだけだわ(笑)。

>某所ではほとんどセッション

ははは、私のコメントに大した意味はない、陰陽師はセッションが大嫌いなだけだ(爆爆爆)

陰陽師 2006年08月16日 01時05分 [削除]

ビデオは回ってなかったかと・・・
うちのチームのやつは、電池のもちが悪いもので・・・

みやざき 2006年08月16日 23時46分 [削除]

>陰陽師はセッションが大嫌いなだけだ
じゃあ、サーナイトは欠席か・・・。

忍者 2006年08月17日 00時02分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

六合、凛音診手きた

六合、凛音診手きた

近影

近影

会いたい

会いたい

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.