21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年11月19日(日)

レガちゃん日記 [スポーツ > > レガシー日記]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

購入から二ヶ月、走行距離3400q。

3000qを超えたので慣らしは終わり、で、即全開、、、かといえばそうもいかない。嫁の買い物車と化しているorz。

燃費は街乗り中心だと8q/g。ここだけの話、嫁の運転だとちょっと燃費が悪い。たまに横に乗って時、観察してるとアクセルをガンと開けてスピードを出しすぎて前の車に近づきすぎてブレーキを踏む、みたいなことを繰り返している。そりゃ燃費に悪いで。。。

わたしのほうが全般にスピードは出すのだがアクセルを開けている時間が短くブレーキを余り踏まない。だから私が全部運転すれば1q/gは燃費が向上する(はず)。

まあいい。

うちのレガシー、購入から二ヶ月たってひとつ気になることがあった。それは、私の車には「クリアビューバック」というオプションをつけていて、それの中身は「濃色ガラス」「ドアミラー熱線」「フロントスクリーン熱線」「リアフォグランプ」の四点がセットになってるものなのだが、その「リアフォグランプ」を取り付けるために左右にあるバックライト(リバースギアに入れるとライトが付く)のうち右側をつぶして「リアフォグランプ」にしてしまうのである。

そうすると夜間リバースギアに入れても、ちぃっと暗いのである。後ろが見えないゾ!「リアフォグランプ」なんて実際使う場面はあるのか???そのためにバックライトを一つつぶしていいのか?ネットで見ていてもその疑問は多くて、わざわざ逆にリアフォグランプを取り外してバックライトをつけ直してる人も居るようだ。

それにレガシーのバックライトは随分高い上の方に付いている。まあバックライトは、他車や歩行者に知らせる役目もあるから高いところについていてもいいのだがそれにしても高過ぎやしないか?

そもそもこのオプションのセットの中身の組み合わせの意味が分からない。セットでなくていいものばかり。メーカーがコスト(利益)のために無理からに組み合わせているといって良いかも知れない。日本のメーカーは、オプションがごちゃごちゃ沢山あるんだけどもその中身がいまいち不透明なんだよなぁ〜〜。。

Posted by 陰陽師 at 22時14分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 12 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/onmyon/tb.php?ID=570

コメント

レッドフォグっちゅーやつですか?
友人がカエル目のプレリュードに付けてましたなぁ‥。
後ついて走ってるとエライ眩しかった(笑)
えげれすとか霧の多いところでは重宝するんかのぉ‥?

ちきんま(B命名) 2006年11月19日 23時59分 [削除]

それじゃあ、バックする時にそのフォグランプを点ければよろし。

忍者 2006年11月20日 00時54分 [削除]

いがいと燃費悪いんですね。最新の日本車でもだいたい街乗りだと一桁なんでしょうか? 

YK 2006年11月20日 08時32分 [削除]

>ちきんま殿
>えげれすとか霧の多いところでは重宝するんかのぉ‥?

わたしの経験によるとフロントフォグランプですら本当に必要と思ったのは数回しかない。
まあ、霧の多い地方の人くらいしか必要ないだろうなぁ〜。

>忍者殿
>バックする時にそのフォグランプを点ければよろし。

その案は試してみた(笑)。しかしレガシーはリアフォグを付けるためにはフロントライトとフロントフォグの両方を付けないといけない。

そうすると車の前のほうが明るくて明るくてリアが見えないのだ。バックするのになんで前方が明るいと困るのかは「出来ないものは出来ない」にあるとおり、わたしのバックのやり方だと前方を向いたままミラーでバックするからだ(爆爆笑)

う〜ん、これは根本的にやり方を変えるしかないな、と思っている。

>YK殿
>燃費悪いんですね。最新の日本車でもだいたい街乗りだと一桁なんでしょうか

まあ、私が乗れば街乗りでも9`はいくと思う。まあ4WDでターボ車ならこんなもんでしょう。

陰陽師@やっさん 2006年11月20日 09時20分 [削除]

>リアフォグを付けるためにはフロントライトとフロントフォグの両方を付けないといけない。
なるほど。昔みたいに、別ライトなら、猫さんマークのカバーも付けられるのに、それもできないか。

それなら、4WDと言う特性を生かして、超新地旋回仕様に改造するって言うのはどうだろう。受けるぞ!

忍者 2006年11月20日 10時55分 [削除]

>忍者殿
>猫さんマークのカバーも付けられるのに
>超新地旋回仕様に改造するって

ん?なんなんじゃそれ。

陰陽師@やっさん 2006年11月20日 12時26分 [削除]

>猫さんマークのカバーも付けられるのに

しびえとぴあと、えーっと‥まっまー‥


>超新地旋回仕様に改造するって

マッハ号ですな♪

ちきんまん 2006年11月20日 20時53分 [削除]

>ちきんまん殿

余計にわからん、、、orz

陰陽師 2006年11月20日 23時22分 [削除]

>ん?なんなんじゃそれ。
え〜?
猫さんマークのフォグランプはマーシャル。
超新地旋回は、右と左を逆回転させて、その場で旋回できる、戦車でおなじみの技だ。

ちんきまさん(忍者命名)
マッハ号も超新地旋回できたんだ。

忍者 2006年11月21日 10時39分 [削除]

>忍者殿
>猫さんマークのフォグランプはマーシャル。

あ、そう、知らない。歪んだライトだったりして(意味不明)。

>戦車でおなじみの技だ。

ほうぅ、、、、知らない(身も蓋も無い、笑)

陰陽師@やっさん 2006年11月21日 12時28分 [削除]

我等誇り高きプロレタリアート??にゃあ燃費は
重大な問題だあ(もちろん地球環境にもね)

かく申す@breakにもついに、マイカー乗り換えの
機会が訪れた。当然、チャッチャッと中古車だあ

3万5千キロ走行のエルグランドに乗り換えて、
今、7千回ったぐらいになり大分慣れてきた感じ
車庫にギリギリで収まる究極サイズで棚を位置変
更したり不用品を捨てまくって何とかシャッター
が閉められるっちゅうシロモン

3.3リッターV6の静粛性と余裕の動力性能を
楽しんでいる昨今
といえども
お財布の余裕は給油のたびに夕張的な状況かも…
然るに
バナーにあった「エコマニア」などの向上グッズ
を装着してみたらええのかなあと思案しとります

よきアドバイスがあれば教えとくれやす

@break 2006年12月05日 00時56分 [削除]

>@break殿
>エルグランドに乗り換えて

あれ?それならろくまんとお揃えではないか!?
あれ?アルファードだっけ?

>車庫にギリギリで収まる

確かに貴兄の掘り込み車庫だとギリギリかも。でも大掃除の良いきっかけになったではないか。

>3.3リッターV6の静粛性と余裕の動力性能を
>お財布の余裕

確かに二律背反するテーマだ。どっちも取るのは極めて難しい。わたしも教えて貰いたい(笑)。

う〜ん、6気筒か。いまにして思えば私のレガちゃんも6気筒という手もあったなと思う。まあ、税金のことでちょっとセコイ考えが浮んだんで4気筒にしたんだが、、、。

陰陽師@やっさん 2006年12月05日 09時50分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

まさにお知らせ

まさにお知らせ

A night at the RAG Vol.4 レポ 番外編

A night at the RAG Vol.4 レポ 番外編

大阪オートメッセへ行ってきた

大阪オートメッセへ行ってきた

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.