21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2008年03月04日(火)

騙しは継続する [我思う故に我有り]

継続は力なり、というが私の性格はどちらかと言えば飽きっぽい。最近セッション用に深紫を聴いていて、「お!いいやん」と思っていたが今や完全に飽きモード。新しいCD買っても、せいぜい二度聴いて終わり、ヘヴィーローテーション化することはない。そうやってラックにCDが一杯溜まっていく。

そういえばポリスも大阪ドーム以来聴いていない(笑)。ちなみにクイーンは三日で飽きた(爆爆爆)、また盛り上げるのが大変だ。

これが音楽だけに限れば二週間ごとくらいに飽きが来ても年に26バンドくらい聞いてれば年間ローテーションは回る。だが、すべからく生活一般に関わることがそうなのだ(爆)。だからといって個人的に悲観しているわけではない。人は飽きるから別のことに興味が持てるのだよ、ふにふに。

閑話休題

最近、賞味期限や商品の中身などの偽装が世間を賑わせている。ここ数年、マスゴミを中心に大騒ぎである。翻って、昔は、そういった偽装は少なかった、もしくは無かったのだろうか?個人的には、そんなに変わらず、こういう偽装はあったんだろうと思う。ただ昔は、上手く隠蔽されていたというか内内で処理されて一般消費者には知らされなかっただけなんだろう。

そういう意味では昨今のように「偽装」が表立って出てくるというのは好い事なんだ。なんだかマスゴミを中心に煽りたてて騒いでいるが、そんなことはうっちゃって置いて一消費者として自らの目で見極めきればいいことなんだし、あまりにもブランドに拘らなければそうそう変なものに当たりもしないだろう。赤福なんてうちだと賞味期限が切れた頃が食べごろだった(爆)。そして今でも家庭で出てくる食材は賞味期限が切れたからそろそろ食べよか!でR(爆)。


結局、いくら取り締まろうが何しようがこういう偽装は永遠になくならないんであって、いや、これは変なニヒリズムで言ってるんではなくて人間が知性を持ち進化し始めたことによる宿悪なのだよ、明智君!


だから重ねて言うが自らの目で見極めができればいいんだよ、小比類巻君!(って誰?)

Posted by 陰陽師 at 17時15分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/onmyon/tb.php?ID=759

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

もっとモット

もっとモット

陰陽師、セバスチャンにサインを貰う

陰陽師、セバスチャンにサインを貰う

A night at the RAGへ行って来た

A night at the RAGへ行って来た

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.