21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年10月10日(月)

鈴鹿レポその2 [スポーツ]

鈴鹿のレポをしようと思ったんで録画していたDVDを確認も含めて見た。当日はフジが地上波を生中継するというので携帯液晶テレビを買って持っていったがこれだけの人(のせいかどうか知らないが)、電波が入らないorz。携帯も繋がり難い。

情報という点ではテレビ観戦のほうが圧倒的に有利だ。場内放送もあるにはあるがそんなもの爆音にかき消されて聞こえやしない。あとはFMラジオを使うしかないが余程感度がよく無ければこれもダメ。それにイヤホンでは爆音のためよく聞こえない。

サーキットでは指定席からなら見られる大画面モニターか、時々聞こえる(笑)場内放送から情報を得るしかない。後は自分の(笑)。

家なら雨や日差し(これが結構強い)や人混みやトイレ&買い物に列に並んだりしなくていいし、わざわざ遠くから車で、朝早く起きたり夜中に走ったり、駐車場を捜したり、歩き回ったり(まあ兎に角歩く歩く)、狭い車中に泊まったり(まずホテル はとれない)、高い指定席料を払ったり(これが狭い、固い、汚い、だったが今年は綺麗にはなった)、まあとりあえず精神的な健康のためにはテレビ観戦がお薦めだ。

それでも、それでも、それでも、それだけの不利を横に置いといても、置いといても、置いといても、一度サーキットに行きなさい、感動します、、それで感動しない人はモータースポーツに向いていないので止めなさい(笑)。

長い前置きはさておいて、本題。テレビをみた人なら結果も含め全部知ってるだろうからテレビでわからなかったようなことをいくつか、、、。

アロンソVSシューミー、ライコネンVSシューミー、、すべてに圧倒的に速い二人をなんとかテクニックと誤魔化し(別に悪い意味ではない)で何周にも渡りブロックし抵抗続けたシューミー!さすがだ!若い奴らには簡単には抜かせない、俺というハードルを自力で越えてみやがれ!こんちくしょー!と言ったかどうか知らないがその場面場面で出来る限りのことをする、ひとつでも前に出る、それを続けるということは強靱な精神を必要とすることでありまだまだ闘志は衰えず。来期捲土重来を待ってるゾ!

↑これ、テレビだと簡単に抜かせたように映っていたがそれそれは抵抗続けていたんですわ。

鈴鹿サーキットが出来たのが43年前(陰陽師と同い年)。それ以降、世界の一流ドライバーやエンジニアがチャレンジングでエンジン・車体・タイヤ・ドライバー、すべてが揃っていないと速く走れないと賞賛するサーキットである。

近年さすがにコース幅が狭く、エスケープゾーンも狭く、抜きどころが少ない、と言われちょっと評判を落としていたが、今年のこのレースではそんな話もどこ吹く風。アロンソは130Rでアウト側からシューミーを抜くし、BMWを1コーナーで片輪をダートに落としながら抜くし、ライコネンもシューミーとフィジケラを非常に巧みに1コーナーでパスした。

ほんでこれ、誰が誰を抜いても観客は大喜びなんですな。パッシングシーンが1レースで1〜2回観られたらいいほうの中、この抜きにくいと言われる鈴鹿でこれだけ観られたら、、、今年一番のレースですぅ!!!

で、おまけ。。。

真っ黒マッチに永井大、山田優の三人。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

マッチが横向いてるんでわからへんし

今年出来たV席という巨大な建物。わかりにくいですが建物の根元の屋外、屋根が掛かる一人掛け席で¥56,000!テラスになった部分で¥150,000。ガラス張りの建物の中は、なんと¥280,000也!!!!宝くじ期待でいきませう。。。ちなみに私たちがいたS2席は¥41,000。全部別途観戦券¥9,000が必要です(笑)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

この建物が出来たおかげでS2の私たちは随分恩恵を被った

Posted by 陰陽師 at 21時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

鈴鹿レポ [スポーツ]

2005F1日本GP、鈴鹿サーキットより帰宅いたしました。結果はテレビ等でご覧の通り。近年まれにみる好レース、いや史上最高のレースかも。抜きどころがないと言われる鈴鹿で抜く、抜く!細かいことは後にしてとりあえず寝ます(爆)

とりあえず私の席からの風景。左からラルフ、バトン、フィジケラ、クリエン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

スタート前の緊張感

レース後、ピットに戻ってきたモントーヤのクラッシュしたマシン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

安全のため壊れやすくできている

Posted by 陰陽師 at 01時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2005年10月07日(金)

陰陽師負傷か? [お知らせ]

グギッ!

今朝起きて階段を降りていき最後の方のステップに足を乗せた瞬間左足の脹脛からこんな音がした。一瞬肉離れか?と懸念したがそうではなかったようだ(ホッ!)。

昨日の鈴鹿行きで往復230`程度、休みもなく相当な速さで途中にはラリー並みの悪路を走破し自分では意識しないうちにかなり踏ん張っていたんだと思う。最近長時間の運転をしなくなったし、、、。

それでも明日は午前4時半出発!又鈴鹿入りだ!待っとけよ鈴鹿!(意味不明)。

そんな訳で当ブログは土日は更新なしと相成りまするm(_ _)m

Posted by 陰陽師 at 18時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2005年10月06日(木)

陰陽師鈴鹿へ [スポーツ]

本日F1日本GPのピットウォークということで私、鈴鹿へ行って参りました。

朝6時45分に自宅を出発。。。そしたら案の定、名阪国道が天理東から東が事故で大渋滞。意を決してナビもついていない車の癖に地図を片手に(実際は嫁の手に)知りもしない抜け道捜して途中のインターで地道に降りて道無き道を行き、いやほんま道幅が車の幅ぎりぎりの山道で途中に崖崩れの跡があったりで決してオーヴァーな表現ではござらん、動物的感のみを頼りに走ってみたら見事渋滞の先のインターに抜けられました。やっぱりわたしにナビは要らない、陰陽師力(?)で充分凌げるということを実感しました。

名阪国道は本来なら高速道路になるはずだったのがあまりに山道過ぎてその基準を満たせず、アップダウンだけでなく右に左にサーキットみたくくねくねと曲がっており、本当によく事故が起こる国道だから今日も何かあったらまずいのでかなり早めに自宅を出たのは大正解だった(拍手)。

結局、鈴鹿に着いたのは2時間半後、いつもの朝なら自宅から鈴鹿まで110qの道のりを1時間10分くらいで到着するのだが、、、。え?ああ、高速道路は1pもありませんから、、、。
まあ、簡単な算数の問題なんで速さを計算してみてください(笑)。

で、目的のピットウォーク。三交代でおこなわれ、木曜日というのは、まだ車を組み上げている段階なのでチームによっては朝早ピットウォークの時にシャッターすら開いていないという場合もある。特にフェラーリは朝寝坊だ。でも基本的に彼らは一般的な欧米人に比べて昼夜問わずよく働く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

働くメカニック

フェラーリのジャン・トッドのモニター。去年に比べてよりスペーイシー(?)に。まるで宇宙船のコックピットみたいだわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ジャン・トッド

GPごとにちゃんと書いてるんですねぇ〜、こういところがF1はマメです。

ピットウォークの後に行われたドライバーのサイン会。100人中10人が当たる、10分の一の確率で当たるはずが二人ともはずれ!!!こういうのに当たったためしが無いのは陰陽師力の無さかしら?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

鈴鹿サーキットの図が

Posted by 陰陽師 at 16時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2005


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

極私的ラスベガス滞在記微視的備忘録

極私的ラスベガス滞在記微視的備忘録

なんだかなあ〜

なんだかなあ〜

北山を望む

北山を望む

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.