21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年12月05日(月)

A night at the RAG Vol.4 レポ その5 [解説 > 音楽]

「TOM.Jun & Sin」
Driven By You〜
I Want To Break Free〜
I'm In Love With My Car
Dead On Time

今回特別に組まれたセッションバンド。それぞれがそれぞれの持分で一流の人たちながらやっぱりヴォーカルやりたいゾ!と、目立ちたいゾ、と組んだバンド(ホンマか?笑)。

うん、やっぱりそれぞれの持ち場がいいって(笑)
悪いことはゆわへんし(爆)

「Final Session」
Crazy Night(本田美奈子)
Mustapha
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Chanpions

ここでついに本日のメインイベント「ろくまん」が登場する(個人なのにイベントはオカシイが気にするな)。

つい2〜3ヶ月前までこのQ会に出演するなんて思いもしなかったろうにハローワークでJun-Greenを見てしまったが運の尽き、急遽参加することになった。しかも五曲だ、多いな(笑)。

しかしすごい!存在感バリバリだ。もう左手は指板を上から下まで縦横無尽に駆け巡り、ブリブリ〜♪、ビブラート効きまくり、ブイ〜ンブイ〜ン♪ベースをゆわしてる、、、おうまい!!!

彼のブログを見ればわかるが、大ブレイクの予感通り大ブレイクし、主婦連のファンや若手ミュージシャンがわんさか殺到して絶賛しているのがわかる。出来るヤツは違う。来年はきっと自らのバンドを率いてブイブイゆわしていることだろう(敬具)。

画像(320x240)

看板娘E-yoちゃんのことをうちの嫁がとっても可愛いぃ!と言っていた

Posted by 陰陽師 at 18時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2005年12月04日(日)

A night at the RAG Vol.4 レポ の合間に六合鑑賞 [解説 > 音楽]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

六合

彼の岸より出
      森羅万象の響

幽遠 六合

歌詞の意味とか尋ねたら、自分で調べなさい!と叱られるから皆さん、ちゃんと調べてそれでも意味がわからなかったらメンバーに聞こうね!(ジョークジョーク笑)

それはさておき、六合のレコ発ライブに行ってきた。あれ?CDちゃうの?という皆さん!レコードとは日本語で言えば録音物のことで、まあ大分類としてレコードがあり、いわゆるレコード(?)は小(中)分類のアナログレコードとしてある。だから大分類:レコード、中分類としてレコードの下に:アナログレコード・デジタルレコード、中分類:アナログレコードの下に小分類として:アナログレコード・カセットテープ・オープンリールテープ等々、デジタルレコードの下に:CD・MD・DVD等々があるという構図になる(だからど−した?前置き長いゾ!)。

場所は最近よく来る京都ミューズホール。PAの関係か、全体的に音が小さくバランスよくなってヴォーカルが聞こえるようになった。歌詞まで聞き取ることは不可能だが、これは何とかして欲しいなあ〜、でもへヴィロックのジレンマよな〜。それとも音楽を聴きたかったらCDを、俺達を見たかったらライブを、と、まあビートルズみたいなものか?(笑)。

全体的にいっていまいちだったな(わ!こんなことゆうてよる)、といっても前回が100とするなら今回は88、つーくらいのレベルだけども(数値に根拠なし)。なんか固かったというかライブの段取り決めごとに気を取られ力が入りすぎというか入り無さ過ぎというか。まあライブ慣れしてる彼らのことだから緊張して失敗することはないんだろうけど。それとも沢山のお客さんにやっぱ緊張したかな(笑)。

前々からギター一本にしてキーボードがあれば、と思っていたらCDにはちゃんと入ってました。シンセのロングトーンとかピアノチックな曲が欲しいよな〜と勝手に思ってましたが、CDはそういう意味でも最高でした。歌詞もよく聞こえたし、歌メロもわかったし。。。

CDはね、良いですよ、これええわ、ええ感じです。iPodにいれてじっくり聞き込もうと思います。千円やし皆さん買いなさい、ん?メンバーに言えば多分千円です(をぃ!)。まあ後は、録音費用の回収なんてこと言ってないでどれだけ世のため人のため、じゃなくて世の中に知らしめるかやね!マーケティングですな。

画像(320x178)・拡大画像(639x356)

サイン貰ったんですが、、宮脇って、、(苦笑

画像(320x240)

反省

大物プロデューサー(ビール片手に)「君たち、毎年出られるからって何かなめてないか!あん!」
某バンドメンバー「・・・・・・」
大物プロデューサー「君たちががんばってくれないと困るんだよ!」
某バンドメンバー「・・・ハ、ハイ・・・」

という会話が交わされていたかどうか定かではない。

Posted by 陰陽師 at 16時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 10 )

A night at the RAG Vol.4 レポ の前に。。。 [解説 > 音楽]

私は未だQ会のレポが完成していない。下書きだけはしてあってあとは推敲だけ、とかそんな状態でなく本当に何も書いていない。いくつか書かないと終わらないのだが、、、。

他の人達を見ているとあっという間に沢山の文章を仕上げているかレポは他人任せかどちらかのようだ。私にはあっという間に書くような才能もないし、他人任せにするだけの無関心(笑)もない。

中途半端が持ち分だ。このままだと今週いっぱいかかるゾ!レポ完成まで。

さて、突然話が変わりますが、レポが書けない関係で色々溜めている他のネタが使えないままになっているので小出しに第一弾!

11月1日名古屋と11月3日福岡の間、11月2日にQUEENのメンバーのうち一人が祇園で目撃された件、Q会のステージでもアナウンスされていましたが、誰か判明いたしました。

目撃者は私の会社の取引先金融機関の支店長と担当者の方で、取引先の社長さんの誘いでたまたま祇園のあるお店でご飯を食べているとカウンターの反対側に座っている外人さんがどうもクイーンらしい、と。

そこでその三人さん、クイーンの名前だけは知っていたらしく、有名人みたいやからとその時来ていたワイシャツの背中にそろいも揃ってサインして貰ったそうな。おっさん、何考えとんねん?(あ、失礼!)。

先日その支店長さんがこられたので携帯で撮った写真を見せてもらいました。それをまた携帯で撮ったのがこれ↓です(笑)。

画像(240x320)

〜つづく

Posted by 陰陽師 at 02時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2005年12月02日(金)

A night at the RAG Vol.4 レポ プロローグ [解説 > 音楽]

8時に目がさめる。当たり前だ、目覚し時計をセットしておいたから。10時出発予定なのになんでこんな早くに起きたか?仕事の時はいつもぎりぎりまで寝てバス亭まで走ってる癖に、、、。

それはLILAQUEENがライブ当日練習しないので、今日やる曲をさっとおさらいしておこうと思ったのだ。音を出さないまでも通しでやっておくだけで本番中に頭の中が真っ白になってしまう事態を防ぐには充分であったろう(直訳調)。

昨晩のうちから用意しておいたベース&エフェクター&スタンド&着替えの入った鞄を車に積み込み、いざ出発!体力を温存するため、行きは嫁に運転してもらった。私の運転をいつも見ているでせいで女性にしては彼女は運転が上手い。

秋の観光シーズン、もっと道が混んでいるかと思いきやいつも一時間20分くらいかかる道のりが10分くらい早く着いた。とりあえず予定どおり、早めの昼食を取る、ロイホだ。高いな、ここ。てなことを考えながらマターリしているともう11時40分。おっとっと、遅刻する。急いで車に乗り込みRAGへ向かう。

市内もそれほど混んでないな。週半ばの祝日だからか。車を駐車場に入れ、実はこの駐車場ボッタちゃんだった、料金表示はちゃんとしとけよ!ほんまに!

RAGの前で嫁と別れ、彼女は開場まで映画を見るらしい、今日はたまたまレディ−スデイ、エレベータで上に上がる。

「ういっす」何人か姿が見える。ナルシス・たにさんは既にお見えだッ(笑)、去年の遅刻事件が懲りてるのだろう。ほどなく、んがさんも到着。そこでんがさんの携帯が鳴る、嫌な予感。「ふくたに、いま山科に入ったらしいわ」う!でもまあ大丈夫だろう、ちょっとホッとしている自分が可笑しい。

リハが始まる。去年に比べて落ち着いて見ていられる。去年はライブハウスに出演するなんて何十年ぶりのことで何をどーしていいかわからず右往左往していたが、今年は顔見知りも増えて、デカイ顔、あ、いや、、どし!と構えていられた。ただなぜかLILAQUEENのメンバーが横一でステージに向かって座っていたため何人かの人に怪訝な顔をされた。いやすまぬ、皆意外と年寄りなのだ、疲れてはいけないから体力温存状態冬眠状態だったのだ。

そうこうするうちにLILAQUEENのリハの時間。事前の打ち合わせ通り、イントロのSEが流れて、さあ〜ギターがDコードを、ジャ〜〜ン〜♪、、と、鳴らない(笑)。「ガゴ、ガゴ、ギゴ、ガゴ」とかいう音がしている。ガリ音だ。すかさず「ちらさんの祟りや!」の声。うん、さすがだ、いや違う、んがさん、真っ青だ。原因は、どーも違法改造(笑)にあったようだ。普段触らなかったフェイズスイッチを入れてみたらこの有様。やっぱり文学部の限界だ(爆爆笑)。

ま、そういいながら他のリハはさらっと終わって、なんやからしてるともう開場の時間。ライブハウスを出てビルの下まで行って、他の出演者の方方と喋ったりしているうち、ちょっと茶でも、小腹も空いたし、男4人、マクドで腹ごしらえ&時間潰し。この時、他のバンドの中にはスタジオに入って練習してた人たちもいたんやね、感心感心。

ライブハウスまで戻ってみると、居ました居ました、ほんまはモトリー、見に行きたかったんやけどお前らの為に来てやったわ、みたいな顔したちらさんが(爆爆爆爆)。でも暇つぶしには丁度いい(笑)。

その時、メールが。嫁からだ。既に入場してかぶりつきのテーブルに座っているらしい。こんなに早く来ているのは、すっごいクイーンファンとか夫の雄姿をこの目に焼き付けようとかいう主旨ではなくて単に煙草が嫌いなだけなんだけどね。(@ ̄・・ ̄@)y−゜゜゜゜ フウー

さてさてQ会、イベントの始まり始まり(落ち・ネタ一切無し)。


Posted by 陰陽師 at 12時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

初仕事?

初仕事?

桜

増加する

増加する

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.