21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年12月07日(水)

A night at the RAG Vol.4 レポ その3 [解説 > 音楽]

「LILAQUEEN」

Fatbottomed Girls
Play The Game
It’s Late
Somebody To Love

ついに出た。LILAQUEENである。伝説のチャンピオンである。今回幕内最高優勝である(笑)。

前人未到唯我独尊前後不覚厚顔無恥史上最強臥薪嘗胆温故知新弱肉強食焼肉定食傍若無人暗中模索安心立命意志薄弱因果応報慇懃無礼臨機応変理路整然用意周到阿鼻叫喚門外不出満身創痍未来永劫無理難題無知蒙昧無味乾燥付和雷同複雑怪奇波乱万丈馬耳東風難攻不落内憂外患空前絶後鬼子母神気管支炎南蛮渡来年功序列牛刀荼毘金科玉条危機一髪一触即発喜怒哀楽疑心暗鬼毀誉褒貶旧態依然九死一生奇想天外起承転結器用貧乏起死回生才色兼備自画自賛色即是空自業自得因果応報質実剛健衆人環視盛者必衰正真正銘諸行無常初志貫徹終始一貫独立独歩国木田独歩夏目漱石島崎藤村日進月歩美人薄命品行方正小松方正音信不通厭離穢土欣求浄土有象無象雲散霧消威風堂々なバンドである(このネタ使いまわし笑)、四文字熟語は、もう出てこん!これでも元国語の先生、教えられた生徒達よごめんね。しかもボキャ貧!偏差値の低さがわかる、おうまいがっ!

我田引水自画自賛というわけではない。そっと(笑)録音した音を聞き比べてみると他のバンドより音がデカイのだ。最初の黒パッチョから我がLILAQUEENまでは全く同じ場所同じ状態で録音しており(かぶりつきのテーブル)録音レベルもオートだからどのバンドも同じ条件なのに、それにも関わらず音がデカイ。

ギターやベースが、というならまだわかるがなんせドラムがデカイのだ。このイベントが行われたRAGはほぼナマ音中心のライブハウス故に、ナマ音がデカイのだ。要するにドラムを打ッ叩くそのパワーがすごいのだ、クイーンってわからんで・ふくたにさんの。好きやな、このドラム。。。ライラックの中にも信望者が多いんです、このドラム。フュージョン系、テクニック系でありながらまんまロックとなると底知れぬパワーを発揮する(それ故にスタミナが持たないという弱点はありますが、、、(笑)

それに引き摺られて(かどうか知らないが)ギターも、そしてベースの方も大変大きゅうございます。リハの時、PAの秋葉マネージャーに「ベース、音、デカイ」と言われたにも関わらず、だ(笑)。言い訳させてもらえるなら、ベースのアンプ音量はリハと本番では80%くらいに抑えている。それでもデカイのは、ピッキングが知らず知らずに強くなってるんですな。この辺、いつでも同じ強さでピッキングしなければならんのだけれども、ライブ経験の少ない我ら、許したもれ。

え?結局自画自賛じゃないかって?そんなことありません。あのクイーンっぽい、クイーンらしい、変なキメや走りやモタリを再現できたのはLILAQUEENだけです。他のバンドは上手すぎて走ったりモタったりしませんから(爆爆笑)。

Posted by 陰陽師 at 13時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2005年12月05日(月)

A night at the RAG Vol.4 レポ その5 [解説 > 音楽]

「TOM.Jun & Sin」
Driven By You〜
I Want To Break Free〜
I'm In Love With My Car
Dead On Time

今回特別に組まれたセッションバンド。それぞれがそれぞれの持分で一流の人たちながらやっぱりヴォーカルやりたいゾ!と、目立ちたいゾ、と組んだバンド(ホンマか?笑)。

うん、やっぱりそれぞれの持ち場がいいって(笑)
悪いことはゆわへんし(爆)

「Final Session」
Crazy Night(本田美奈子)
Mustapha
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Chanpions

ここでついに本日のメインイベント「ろくまん」が登場する(個人なのにイベントはオカシイが気にするな)。

つい2〜3ヶ月前までこのQ会に出演するなんて思いもしなかったろうにハローワークでJun-Greenを見てしまったが運の尽き、急遽参加することになった。しかも五曲だ、多いな(笑)。

しかしすごい!存在感バリバリだ。もう左手は指板を上から下まで縦横無尽に駆け巡り、ブリブリ〜♪、ビブラート効きまくり、ブイ〜ンブイ〜ン♪ベースをゆわしてる、、、おうまい!!!

彼のブログを見ればわかるが、大ブレイクの予感通り大ブレイクし、主婦連のファンや若手ミュージシャンがわんさか殺到して絶賛しているのがわかる。出来るヤツは違う。来年はきっと自らのバンドを率いてブイブイゆわしていることだろう(敬具)。

画像(320x240)

看板娘E-yoちゃんのことをうちの嫁がとっても可愛いぃ!と言っていた

Posted by 陰陽師 at 18時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2005年12月04日(日)

A night at the RAG Vol.4 レポ の合間に六合鑑賞 [解説 > 音楽]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

六合

彼の岸より出
      森羅万象の響

幽遠 六合

歌詞の意味とか尋ねたら、自分で調べなさい!と叱られるから皆さん、ちゃんと調べてそれでも意味がわからなかったらメンバーに聞こうね!(ジョークジョーク笑)

それはさておき、六合のレコ発ライブに行ってきた。あれ?CDちゃうの?という皆さん!レコードとは日本語で言えば録音物のことで、まあ大分類としてレコードがあり、いわゆるレコード(?)は小(中)分類のアナログレコードとしてある。だから大分類:レコード、中分類としてレコードの下に:アナログレコード・デジタルレコード、中分類:アナログレコードの下に小分類として:アナログレコード・カセットテープ・オープンリールテープ等々、デジタルレコードの下に:CD・MD・DVD等々があるという構図になる(だからど−した?前置き長いゾ!)。

場所は最近よく来る京都ミューズホール。PAの関係か、全体的に音が小さくバランスよくなってヴォーカルが聞こえるようになった。歌詞まで聞き取ることは不可能だが、これは何とかして欲しいなあ〜、でもへヴィロックのジレンマよな〜。それとも音楽を聴きたかったらCDを、俺達を見たかったらライブを、と、まあビートルズみたいなものか?(笑)。

全体的にいっていまいちだったな(わ!こんなことゆうてよる)、といっても前回が100とするなら今回は88、つーくらいのレベルだけども(数値に根拠なし)。なんか固かったというかライブの段取り決めごとに気を取られ力が入りすぎというか入り無さ過ぎというか。まあライブ慣れしてる彼らのことだから緊張して失敗することはないんだろうけど。それとも沢山のお客さんにやっぱ緊張したかな(笑)。

前々からギター一本にしてキーボードがあれば、と思っていたらCDにはちゃんと入ってました。シンセのロングトーンとかピアノチックな曲が欲しいよな〜と勝手に思ってましたが、CDはそういう意味でも最高でした。歌詞もよく聞こえたし、歌メロもわかったし。。。

CDはね、良いですよ、これええわ、ええ感じです。iPodにいれてじっくり聞き込もうと思います。千円やし皆さん買いなさい、ん?メンバーに言えば多分千円です(をぃ!)。まあ後は、録音費用の回収なんてこと言ってないでどれだけ世のため人のため、じゃなくて世の中に知らしめるかやね!マーケティングですな。

画像(320x178)・拡大画像(639x356)

サイン貰ったんですが、、宮脇って、、(苦笑

画像(320x240)

反省

大物プロデューサー(ビール片手に)「君たち、毎年出られるからって何かなめてないか!あん!」
某バンドメンバー「・・・・・・」
大物プロデューサー「君たちががんばってくれないと困るんだよ!」
某バンドメンバー「・・・ハ、ハイ・・・」

という会話が交わされていたかどうか定かではない。

Posted by 陰陽師 at 16時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 10 )

A night at the RAG Vol.4 レポ の前に。。。 [解説 > 音楽]

私は未だQ会のレポが完成していない。下書きだけはしてあってあとは推敲だけ、とかそんな状態でなく本当に何も書いていない。いくつか書かないと終わらないのだが、、、。

他の人達を見ているとあっという間に沢山の文章を仕上げているかレポは他人任せかどちらかのようだ。私にはあっという間に書くような才能もないし、他人任せにするだけの無関心(笑)もない。

中途半端が持ち分だ。このままだと今週いっぱいかかるゾ!レポ完成まで。

さて、突然話が変わりますが、レポが書けない関係で色々溜めている他のネタが使えないままになっているので小出しに第一弾!

11月1日名古屋と11月3日福岡の間、11月2日にQUEENのメンバーのうち一人が祇園で目撃された件、Q会のステージでもアナウンスされていましたが、誰か判明いたしました。

目撃者は私の会社の取引先金融機関の支店長と担当者の方で、取引先の社長さんの誘いでたまたま祇園のあるお店でご飯を食べているとカウンターの反対側に座っている外人さんがどうもクイーンらしい、と。

そこでその三人さん、クイーンの名前だけは知っていたらしく、有名人みたいやからとその時来ていたワイシャツの背中にそろいも揃ってサインして貰ったそうな。おっさん、何考えとんねん?(あ、失礼!)。

先日その支店長さんがこられたので携帯で撮った写真を見せてもらいました。それをまた携帯で撮ったのがこれ↓です(笑)。

画像(240x320)

〜つづく

Posted by 陰陽師 at 02時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

増加する

増加する

A night at the RAG Vol.4 レポ その4

A night at the RAG Vol.4 レポ その4

仰け反ったぞよ

仰け反ったぞよ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.