21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年01月25日(水)

ラァラァ、ララランラン、ラァ、ラァ〜♪ラッ、ラッ、ラァ、ラァ〜♪ [小説]

ララピポ

ララピポ

複層的に物語が進み、いつものドタバタ喜劇。主人公は絶望的な状況に追い込まれて、決してハッピーエンドにはならないけれど読んでて希望が見える(笑)。作家自身はかなりの捻くれ者みたいでその辺に共感しているのか、陰陽師(笑)。

肩の凝らない小説といえばそれまでですけど、いまん処、陰陽師がハマッテル小説家であることは確かです。

Posted by 陰陽師 at 18時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2006年01月23日(月)

直す [書き物]

「おもちゃや本やら、ちゃんと直しとき!」

子供なら親に、親なら子供に一度は、言われたことがあるだろう、この台詞。

「何を直すの?」関八州はもとより箱根より東ではこう聞き返されるのがオチである。

共通語では「本を直す」というと本を修理するという意味になる。片付けるという意味での「直す」は方言なのである。

最近、目から鱗が落ちたトリビアどした。

Posted by 陰陽師 at 10時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 16 )

2006年01月22日(日)

人は見た目で決まります! [書き物]

人は見た目が9割

人は見た目が9割

と言っても不細工な人間に未来はない、とかルックスのいい人間が得をするから見た目をよくしよう!、とかそーゆー本ではないから安心してください(笑)。

簡単にいうと人間のコミュニケーションのうち言語によるものの割合は7%しかなく、非言語によるものが残り大半を占めるという話だ。

例えばカタカナ職業やアーティスト、資格仕事や自由業者に多い髭は、「俺はサラリーマンなんかじゃないよ」「クリエイティブな仕事をしてるんだよ」という気持ちの表れである。つまりコンプレックスの裏返しである(笑)。

そう言えばマリナーズのイチローが自身の髭について、「僕は身体が小さいし、特に日本人は若く見られてなめられるから髭を伸ばして少しでも厳つく見せている」という趣旨のことを言っていたことがある。これなどまさにコンプレックスの非言語コミュニケーションといえるだろう。

昨今新書でも軽い内容のものが増えてきているが、この本、¥680という値段の割に、ふむふむと納得性のある内容だった。

まあ、陰陽師に余り人が寄ってこないのは、俺に話かけるなよ!ゴラァ!オーラを出しているからなんだろうな、きっと、、、フフフ。

Posted by 陰陽師 at 10時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 6 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

どっち?

どっち?

「ホワイトアルバムセッション」終わりの始まり

「ホワイトアルバムセッション」終わりの始まり

増加する

増加する

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.