21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年02月28日(火)

極私的ラスベガス滞在記微視的備忘録 [お知らせ]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

黒っ!

ルクソーという名のストリップ通沿い一番南にあるホテル。ほんまに真っ黒でピラミッドの形をしている。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

スフィンクス前

その中身。このホテルの部屋は、ちょうど階段を裏がえした部分にある。

う〜ん、説明し難いゾ!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

自由の女神の横にジェットコースターが見えます

次はルクソーから北へ二軒(笑)隣のニューヨークニューヨークというホテル。この辺はホテル見学ばかり。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

三条商店街でもこれをやれば活性化に繋がるかと、、、

この後、TIホテルに戻ってちょっと休憩してからダウンタウンにある「フリーモントエクスペリエンス」へ。4年前に比べて、画像がCGだけでなく、実写も写るようになっていた。飛行機が落ちてきそうになってマジで怖がっていたおばちゃんも居た。

Posted by 陰陽師 at 23時16分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 6 )

2006年02月27日(月)

極私的微視的ラスベガス滞在記備忘録 [お知らせ]

午後三時くらいにラスベガスのホテルTIに到着。このホテル、4年前はトレジャーアイランド(宝島)という名のテーマホテルだったのだが昨今のラスベガスではテーマホテルが流行らなくて、TIというある種無機質でいながら以前のトレジャーアイランドをイメージさせる名前に変えた、とガイドに書いてあったが、現地の人は皆、トレジャーアイランドって呼んでるし、ホテルの壁面には思いっきり「トレジャーアイランド」って書いてあるやん!(ずり!?)。

まあ取り敢えず夕食までの時間、軽く横になって、スロットして、あ、残念ながらトータルで1万円ほど負けてしまいました、つーかギャンブルはスロット以外やらなかったし,まあいい。

夕食場所まで移動のためホテルロビーに集合すると今回は140余名ほど参加してるらしいことがわかった。成田と中部と関空と。その成田組にはパスポートを忘れてきて明日ラスベガス着の馬鹿者が二人いたらしい(笑)。でもこれだけ人数が居て、顔見知りは二人しか居なかったorz。

夕食はバス三台にて郊外の中華料理屋へ。現地係員のおばさんが「ここは飲茶がとっても美味しいのよ」とえらい強調していたが夕食には出てこなかったorz

とっても眠かったので夕食会が終わった後はホテルに帰ってすぐ寝た。

そして翌日、早速朝からTIの斜め前に出来た(4年前になかった)「ウインラスベガス」という巨大ホテルに行った。ラスベガスにあるホテルはどれも巨大なので巨大などという冠をつけなくてもよさそうなものだが、見慣れない我々にとっては巨大としかいいようがないので巨大なのだ(?)。それとこの「斜め前」っちゅうのが曲者なのだ。確かにTIからウインホテルは交差点の筋向いにあるのだが、簡単には行かしてくれない(笑)。

まず、交差点だからといって必ずしも横断歩道があるわけではない。ない場合は交差点をちょっと迂回したところに陸橋がありそれを渡ればいいのだが、それは大抵隣接してるホテルが所有しているものだから陸橋を渡ってホテルの中を通過しないといけなくなっていることが多い。そしてこのホテルの中が迷路というか忍者屋敷というかすべての道はカジノに通ず、のとおり(違)ボウッと歩いてると道を間違えていつの間にかカジノに着いてしまう(笑)。

そもそもラスベガスのホテルはストリップと言う名のメインストリート沿い10`程度のところにほとんど集中しており、一つ一つのホテルが巨大で目の前にホテルがありながら中々たどり着かないというカフカの「城」状態を誰しも経験するものだ。隣のホテルとか向かいのホテル、ってたって上手くいけて5分は見ておかないといけない、マジっすよこれ。

Aというホテルの中を歩いていたはずなのに気がつけばBホテルだったみたいに、系列ホテルだと屋内で繋がっていたり、入りのエスカレータがあっても出口がわかり難かったり(笑)、系列外のホテル同士隣にあると、とっても行き難かったり、兎に角自分のホテルに客を呼び込んで外に出さないような工夫が随所にされています(笑)。

だいぶ話が逸れましたが、「ウインラスベガス」に何しに行ったかというと、フェラーリのショールームがあるからである(笑)。市販車といえどもなかなか実物を見る機会がないもので、せっかく(?)だから行ってみた。そしたら入場料$10とられるので止めた(笑)。仕方なく横にあったグッズショップでキャップを買った(それだけ?笑)。

画像(320x253)・拡大画像(639x507)

オフィシャルの袋のほうが値打ちがあったりして、、、。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゴンドラからの眺め、TIが見えます

その次はベネチアンホテルのゴンドラへ。ここは入ったところの天井にイタリアルネッサンス形式(だと思う)の壁画が描かれており荘厳な雰囲気。モールの屋内と屋外の水路でゴンドラに乗ることが出来る。やっぱ、外がいい!ということで外で乗ってみた。。。

船頭さんがカンツォーネ(だと思う)を歌ってくれたりしていい雰囲気。でもね、一緒に乗ったイングランドの中年夫婦(50歳代に見えた)のおっちゃんは気温がまだ10度にもいかない午前中から半そでTシャツ短パン姿。なんでもイングランドはもっと寒い、ここは暖かい、そうだ。。。orz

今回総じて外国人(特に白人)は薄着が多かった。夜間、0〜5度くらいの時でも平気で半そでだし、、、orz

なんでも体温が日本人より高いらしいがいくらなんでもオカシイやろ!君ら!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ストリップ通を南へ

その後はストリップ通を二階建バスに乗り南へ、、、、。

一路、ピラミッドへ。。。。。。。。。。。。。。。。。

Posted by 陰陽師 at 22時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年02月26日(日)

陰陽師、帰国す [お知らせ]

金曜の朝、ホテルを出て、ラスベガスからサンフランシスコに飛んでそこから11時間余りで関空へ。自宅に着いたのは土曜の午後8時。結局一日半の長旅だった(違うって)。

昨晩夜中1時頃に寝て一度朝9時に目覚めた、が、そのまま二度寝、結局起きたのは午後一時!それでもまだくらくらふらふらしてます。あっちでは時差ボケが治らないまま過ごしていたのでこっちに戻れば解消するかと思ったがそーでもないんですな。

いやあ、それにしても現地レポートに沢山のコメントありがとうございます。ここでまとめて(笑)お礼を言っときます。

一週間ぶりのパソコンなんでなんだか指が絡んでちゃんと動かないので打てません(笑)誤字脱字ご容赦。

へ?現地レポートしてたやん?ってか。それは出発前に日本でしこしこ打ってから出かけたんですわ。あっちではインターネットはおろかテレビも新聞も見てないのでオリンピックもライブドアもな〜〜〜〜んにも知りません。ホテルの部屋にはインターネット接続の環境はありましたけどそこはラスベガス、そんなことに時間を費やされては困るからPCはありません。ノートPCも持ってないしね。

しかし、あっぱらぱ〜のにいちゃん・ねーちゃんってこーやって何にも知らないまま生きてるんですね〜(笑)。

でもさすが、ろくまん!見抜いたな(笑)。4年前の写真で気が付いたか?

でもまあ現地レポートとほぼ同じ行動したんでこのレポートもあながちウソではござらん。又、今年のラスベガスの写真でもアップするけん乞うご期待。。。

寝む寝む。。。zzzzzzzzz

Posted by 陰陽師 at 17時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

アンジー&ジェラルド

アンジー&ジェラルド

鈴鹿レポその3

鈴鹿レポその3

四条河原町阪急百貨店→○l○lになるそーな

四条河原町阪急百貨店→○l○lになるそーな

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.