21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年03月03日(金)

極私的微視的 備忘録ラスベガス滞在記 [お知らせ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

グランドキャニオンに行った夜はパリスホテルのエッフェル塔の展望台へ。これ本物の何分の一かの大きさで形デザインはまんまだそうです。80メートルの高さの展望台から向かいにあるベラッジオホテルの噴水ショーを見ました。ロマンチック!といいたいところですが、高いところはちょっと苦手な陰陽師さんは腰が引けてました(笑)。でもここから見る噴水ショーはステキでした。

翌日(実質最終日)は、ショッピングデー。午前中はTIの北側に出来たファッションショーというショッピングモールへ(四年前は建設中だった)。ここは百貨店が七つ!入っている超巨大ショッピングモールで、高級ブランドから?なショップまで高安広狭取り混ぜいろんな層でも楽しませるモールです。

なんでも日に何回か本物のファッションショーが実際に開かれるらしい(見なかったけど、、、)。こちらではこんなサングラスを陰陽師さんは買いました(笑)。

画像(180x64)・拡大画像(640x229)

昼からはシーザースパレスホテルにあるフォーラムショップへ。まずは食事と、と、と、バフェも確かに美味しいんだけど和風な味に飢えてきてまして、よし!寿司を食べよう。「すし六」というお店へ。いやあ〜、日本語が通じるっていいですね(笑)。それだけで何か安心しましたわ。

食事が終わってからフォーラムショップ内をぶらぶら。基本的に陰陽師夫婦はブランド好きでも買い物好きでもないのでいわゆるウインドーショピングをしていただけなんですがここはそれ、さすがにアメリカまで来て手ぶらで帰るわけには行きません(やや意味不明)。ちゃんと嫁にはブランド物のバックを、ガッッツ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んと買ってやりましたわ、ハハハハハハハハハッハハハッハハッハハッハハッハッハッハッハハッハハッハッハ、、、、、。

Posted by 陰陽師 at 10時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2006年03月02日(木)

備忘録ラスベガス滞在記極私的微視的 [お知らせ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

定番の風景ですが

翌日は、グランドキャニオン。4年前、私は行った場所であるので行かんでもええっちゃあええんですけど、嫁に一度はこの風景を見せておきたいと思ったもので、、、。

「あの渓谷は約25億年かけて出来上がり、、、」みたいな話を聞いてると浮世のごちゃごちゃしたことなぞどーでもよくなってくるんですが、それは多分アメリカ滞在中の短い間だけのこと。日本に帰れば又元の木阿弥河童の屁(笑)。まあ、ほんの一時だけでも浮世を離れられるのが旅行の醍醐味ですからこれはこれでよしとしないと、、、。

こーゆー風景を見てるとアメリカがプログレ不毛の地の理由がよくわかりますな(やや意味不明)。こーゆー大自然を前にしてたら変拍子を刻もうなんて思わないでしょ、普通。頭の中だけでモノを考えてばかりいるから変拍子なんて出来るんですよ(笑)。逆に頭で考えないから、ブルースやジャズが出来るんですな(爆爆笑)。

画像(180x135)

本邦初公開!!!

さてここはガイドのおっちゃんが「こっちに写真を撮るのにいい場所がありますよ」と何人かだけ連れて行ってくれた場所で、崖からちょっと出っ張ったところで柵が無い(汗)。1b横は断崖絶壁。かな〜り腰が引けてるというか冷や汗もんでした。

帰りの飛行機の窓からラスベガスの街を見る(見えへん、、orz)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

繁華街(?)は、青○のへん。意外と狭い地域に押し込まれてる。

Posted by 陰陽師 at 12時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年03月01日(水)

ラスベガス滞在記極私的微視的備忘録 [お知らせ]

画像(180x136)・拡大画像(639x486)

クイーン冠もありましたがさすがに、、、(笑)

夕食はパリスホテルのバフェへ(日本風に言えばビュッフェ、又はバイキング笑)。とそこで、、、、見つけました、、、、、、。「WWRY」を(笑)。05年11月を持って終了した「WWRY」公演、やってれば観るつもりでしたが、そのグッズショップがパリス内で細々(笑)と、最終大バーゲンセール中でした(笑)。そして悲しくも儚くもお布施としていくつかの商品を購入した陰陽師でした(爆)。

なんの話だっけか?そーそーバフェバフェ、、そー言えば昼食もベラージオホテルのバフェ。なんでそんなにバフェばかりなんだといわれそうだがラスベガスではバフェが有名なんです(昼食で$20〜25、夕食で$25〜30)。食べ放題飲み放題時間無制限、でもメニューに純日本食ものは皆無、シーフード少な目、胃が大きい欧米人には大変お得、だが胃が小さい我々日本人には中々元がとりにくいかな、と思われまする。上にあげた二つのホテルに関しては味も上々。大食いの方には是非お勧めします(笑)。

なんでこんなにバフェが多いかというと、カジノを運営している側から見れば食事に時間をかけられては堪らん訳で、ちゃっちゃと食事を済ませるバフェが主流となった次第。ただ昔は、もっとリーゾナブルな価格で提供されていたらしいが高級化が進むラスベガスではバフェも例外ではないらしい。

そして翌日、、、。

画像(107x180)・拡大画像(273x457)

バーンズみたいです

あ、そや。

WWRY店内に飾ってあったレッドスペシャルのレプリカ。
なぜか左用(?)。

Posted by 陰陽師 at 12時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

A night at the RAG Vol.4 レポ その1

A night at the RAG Vol.4 レポ その1

よたろう帝国逝ってきた

よたろう帝国逝ってきた

六合、凛音蓑手きた

六合、凛音蓑手きた

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.