21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年03月24日(金)

東京出張 [お知らせ]

東京出張。

のぞみで二時間二十分、便利になったものだ。
そして恐怖でもあり楽しみでもある。

同じ姿勢をとりつづけることによって腰痛を再発するリスクが高まり(それは座りつづけることでも立ちつづけることでも同様だ、ま、なんせ同じ姿勢をとりつづけることが危険なのだ)乗り物に長時間乗るというのは相当な恐怖である。

一方で、大層な美人と二人掛けの席で隣同士になって、私が通路側に座り、窓側の美女が「すいません」と立ち上がろうとすると無言で口元に微笑をたたえながら陰陽師はすっと立ち席を譲る。そして用を済ませて帰ってきた美女の姿を確認するとグットタイミング(死語)で立ちあがり席を譲る。

「あ、ありがとうございます。東京へお帰りですか?」
「いや、東京出張です」
「じゃあ京都の方なんですね?」
「はい、そうです」
「いいですね、京都は」
「そーですか?いやあ京都に生まれてこの方40数年になりますがよくわかりませんね」
「え?40歳、、なんですか?」
「そーなんです、ハッツハハッツッハッハハ」
「もっとお若くみえますぅ」
「よくそー言われます」

続きを読む

Posted by 陰陽師 at 14時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 17 )

2006年03月22日(水)

1.2.3.4.5.6 [動画]

なんでも毎月第三火曜日は「大和の日」とかで映画観劇料金が¥1000になるそうである。よって私はMOVIX橿原まで映画を見に行った。橿原というと奈良でもだいぶ南のほうのような気がするがドア・トゥ・ドアで一時間くらいだから京都市内よりよっぽど近い。つーか普段どれだけ遠いとこまで通勤しているか、だな。頑張り屋さんなのだ、陰陽師は(笑)。

で、見た映画は「イナバウアー」(笑)。わかりますよね、なんのことか。午前三時になるのが怖い(笑)。

しかし最新の映画館って便利なもんでインターネットで席の予約は出来るし、席が段々になってるから前の席に座高が二bあるような大男でも座らない限り他人の頭で邪魔されることもない。音響もデッドで背もたれが頭まであるから俳優の息づかいや音声のノイズまで聞こえる。その替わりポップコーンを食ってる音が耳触りだ(笑)。

でもね、上映が終わって会場を出ると隣の映画が入場開始したところ、10カ所あるシアターのそれぞれの前に係員は居なくて(全体の入口でしかチケットのチェックをしていない)、これって映画をはしごしようとすればできるやん!大丈夫か?

まあ総合的にみればとても快適だ。映像嫌いの私ももそっと足を運ぼうという気にさせる。ほんでもうちょっと近いところにあれば最高だけどなあ〜と思う。

Posted by 陰陽師 at 10時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2006年03月21日(火)

諸君は素晴らしい! [スポーツ]

野球の話だ。野球に興味がない人には何のことかわからんと思うので最初に断っておく。

野球の試合をほんと久しぶりに最初から最後まで見た(テレビで)。WBCの準決勝と決勝である。野球というのは世界的に見ればマイナーなスポーツで、野球が一般的なのはアメリカ大陸・東アジアだけであって、あとイタリアとオーストラリアくらい、そのマイナー具合というのはオリンピック種目から外されたことを見てもよく理解されるだろう。

試合はほんとうに面白かった。世界の超一流が極限状態でプレイしてるわけでそれが面白くないわけがない。観客も静かなところは固唾をのんで見守り、不明な審判には徹底的にブーイング。これぞ野球。普段の日本の球場のような鐘や太鼓の画一的な応援が一切なし。素晴らしい。これを見て、甲子園や広島やナゴヤのファンが本物の野球に目覚めてファンタスティックな応援をしていただけるよう希望します(なわけないか、、、行き場のない親爺が騒ぎたいだけだもんな、、、)。

WBCを見ていた人は気づかれたと思いますが、サダハル・オーの名前というのはメジャーリーガーがただの野球少年に戻ってサインをおねだりするような存在、ヒーローなんですな。

まあそもそも日本以外ではオー>>>>>ナガシマ、つーかナガシマなんて誰も知らない。日本人はそのタレントでナガシマのことを好きなようだが、一本足打法という野球理論としても究極の打法をあみだし、監督としての能力、つまりマネジメント力もはるかに上のサダハル・オーよりナガシマのほうに人気があることからして、日本の球場が本来の野球観戦の姿に立ち戻るとは思えない。

だからして陰陽師はいつまでたっても球場に出かけられないのだ。

Posted by 陰陽師 at 22時03分   パーマリンク   トラックバック ( 1 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

よたろう帝国 PREMONITION Vol.3異ってきた

よたろう帝国 PREMONITION Vol.3異ってきた

二府一県三都物語

二府一県三都物語

カムイィ〜〜〜

カムイィ〜〜〜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.