21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2007年02月26日(月)

「ファンキーキャラバン」スペースサーカス [陰陽師的スタンダード]

FUNKY CARAVAN(?´??????£??±??????????§?)

FUNKY CARAVAN

「ファンキーキャラバン」スペースサーカスでR。

実はこのバンドを知ることになったきっかけは極めて偶然なのでR。先日書いた古橋悌二が演奏する「一触即発」のテープを友人から借りた際、たまたまそのテープにこのアルバムが入っていたのでR。なんで入っていたのか今持って確認していないが、これを聞いたがためにこのアルバムを捜すこと20年最近やっとCD化されたと思ったら即完売(つーか発売中止?)。オークションでやっと手に入れた。

カテゴリ分けしてしまえば、フュージョンで超絶バカテク集団なのだが、簡単にそう割り切れるものでもない。特に岡野はじめの超絶チョッパー(いまならスラップか?、笑)があまりにも壮絶過ぎてロックをも超越してしまっている。

フュージョンといえばカシオペアとかプリズムとかスクエアとかどっちかってーとAORに近い気持ちいい音楽だったがスペースサーカスは違う。プログレだ(又それかいな)。

Posted by 陰陽師 at 00時37分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2007年02月25日(日)

よたろう帝国逝ってきた [解説 > 音楽 > ライブ参戦]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

難波ロケット広場じゃなくて難波ロケッツで行われた「よたろう帝国」ライブに逝ってきた。そしてなぜかダメ出しされた(爆)。

以前から小耳には挟んでいた「よたろう帝国」の噂。全曲オリジナル、プログレだの曲が長いの独自の世界観だのと。とはいえ一度も聴いたことも見たこともなかったので何の先入観も偏見もなく観ることが出来た。入院していたえりたんも元気そうで何よりだった(良)。

で、実際形容するにもなんともし難いものだった、そこを何とか無理矢理形容してみると(笑)、、、、メタフィジカルロックだ(爆)。ポップな一面もあり和風メロディも取り入れておりダークな面もあり、それぞれメンバーの持ちうる要素を旨く取り入れているようだ。

これが全曲オリジナルと聞き、うんやっぱり皇帝は凄いな、こんな曲が作れるなんて。。。羨ましいぃ〜。ま、このメンバーでライブは定期的にやっていくみたいだから又楽しみにさせて貰いたい。

あ、そうだ。ダメ出しのお返しに、、、

続きを読む

Posted by 陰陽師 at 10時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 9 )

2007年02月24日(土)

「プレゼンス」レッドツェッペリン [陰陽師的スタンダード]

?????¬?????????

プレゼンス

「プレゼンス」レッドツェッペリン。

わたしにとってツェッペリンとは「プレゼンス」でR。初期の頃のもやもやとした各楽器の分離の悪い音でなくすっきり分離した初めてのアルバムだったと思う。多分初期の頃はジミー・ペイジが自分の下手さを誤魔化すためにわざとぼやけた音にしていたんだろう(真実)。

そういやツェッペリン派かパープル派か、みたいな派閥もあったな。まあ、どうでもいんだが(笑)どちらかというとパープルのほうが分かり易くノリ安いので好きだったが最近はツェッペリンもいいなとわかる大人になってきた(?)。

そして何よりも私にとって感慨深いのが、私がベースを初めてすぐにコピーさせられた曲がこのアルバムの冒頭を飾る「アキレス最後の戦い」だったのでR。

ツーフィンガーの弾き方もままならない頃にバンドのギタリストから「これコピーしといて」ときたもんだ。コピーしといてって言われてもゼロックスしたらええっちゅうもんでもあるまいしどないしたら(耳)コピーできるねんと毎晩悩みコピーするのに結局一ヶ月くらい掛かった記憶がある。

そしてその次の曲が「バーン」である。どうせーっちゅうねん(笑)。でもおかげで飛躍的に腕は上がったと思う。とこんなことを書くと私を知らない方は「陰陽師は凄腕ベーシストか」などと誤解されてもいけないのではっきりいっておくが「バーン」から一切上達進歩いたしておりませんのでご了承ください(笑)。

最近、某ブログでこんなええ物があることを知り早速購入。でも結局耳コピーしないといけないのは同じ(笑)、機械が勝手に音を取ってくれるわけではない(涙)。しかし高校生の時、これがあれば今頃、、、、、、、(虚)。



Posted by 陰陽師 at 00時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

触発

触発

「宵闇の残業」六合胃ってきた

「宵闇の残業」六合胃ってきた

Q会合同リハーサル

Q会合同リハーサル

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.