21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2009年07月13日(月)

サイモンとガーファンクル、観てきた [解説 > 音楽 > ライブ参戦]

サイモンとガーファンクル、67歳、大阪ドーム¥13000、相当暑くて蒸し風呂状態、超満員、年齢層かなり高め、以前観たイーグルスより年齢層は高いと思う、そしてイーグルスの時は昔取った杵柄な方も多かったが今日は完全に素人ばかり(素人?)、しかも高齢のカッポーが多かった、まさに甘酸っぱい青春の思い出、青春の一ページ。

一通りのヒット曲は全部やったと思う。途中それぞれのソロコーナーを挟んで約二時間。「明日に架ける橋」で江頭2:50、あ、いや目頭が熱くなり、場内の余りの暑さに体内の水分を失っていたので涙は出ず(笑)、それでも感動の嵐。ホンモノは強い。

アコギ一本であのグルーブ。グルーブ、グルーブと口先だけでグルーブも出せないのに小五月蠅いヤツに聴かせてやりたいポール・サイモンのアコギでのプレイ。相当のやり手ですな。

ジョン・ウエットンかロジャー・テイラーの声になりたかったが、それが無理ならアート・ガーファンクルの声になりたかったorz今からでも間に合いますか?(間に合いません、断言)

二人の「大人の事情」(印税回収!?)はこの際どーでも良い。

ああ、いいもん聴いた。これからはイイものだけ聴くことにしようと堅く決意する陰陽師であった。

セットリスト(ネットから拝借、笑)

1.旧友 ブックエンドのテーマ
2.冬の散歩道 
3.アイ・アム・ア・ロック
4.アメリカ
5.キャシーの歌
6.ヘイ・スクール・ガール
7.ビーバップ・ア・ルーラ
8.スカボローフェア
9.早く家へ帰りたい    
10.ミセス・ロビンソン
11.スリップ・スライディン・アウェイ   
12.コンドルは、飛んでいく

ガーファンクルのソロコーナー

13.ブライト・アイズ
14.ア・ハート・イン・ニューヨーク
15.パーフェクト・モーメント
16.ナウ・アイ・レイ・ミー・ダウン・トゥ・スリープ (メドレー)


サイモンのソロコーナー

17.ボーイ・イン・ザ・バブル
18.グレイスランド
19.時の流れに( Still Crazy After All These Years)

20.ニューヨークの少年
21.マイ・リトル・タウン
22.明日に架ける橋 

アンコール

23.サウンド・オブ・サイレンス
24.ボクサー

ダブルアンコール

25.木の葉は緑
26.いとしのセシリア

Posted by 陰陽師 at 23時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 12 )

2009年07月09日(木)

200 [スポーツ]

思うところあって今日のテーマは「山本昌」でR。

などと書くと陰陽師、じつは隠れ中日ファンだったのか!と云われそうだが、ワタクシは●●ファンとか△△ファンだとかそんな偏狭な、セクト主義みたいなことには興味がない。ついでに云えば(何回も云ってるが)現状の野球場での糞応援団ののべつ幕なし鉦や太鼓での応援は大嫌いでR。あんなもん何が楽しいんだ!?あん?なんかストレス溜まってるのか?あん?それなら風俗でも行って発散してきたらどうだ?あん?そもそもなんでああゆー集団行動を取りたがるんだ、●民は!???ホンマ、貧●というのはどーしようもない!???

さて、本題に戻る。「山本昌」だったな、、、、そうこれは例えばこの方にべんちゃら云おうとしているのではない。第一この方にべんちゃら云ったところでワタクシに何のメリットもない(笑)。

で、「山本昌」。40歳を超えなお現役でローテーションを守り続け、最年長ノーヒットノーランや最年長完投勝利やら通算200勝やら数々の記録(最年長○○という記録が多い)を打ち立てている。

当然これも賞賛に値する、あいや、賞賛に値するなんてものじゃなくて、投手の分業化によって完投することがほぼなく(逆に若干選手寿命が延びたが)、FA導入等で戦力外通告にドライ(特にベテランに対しては)になりつつある現在のプロ野球界でこれだけ長く活躍できるの稀有な存在といっても過言ではあるまい(地味だけど)。

そしてワタクシはこの記録男「山本昌」の数々の記録のうち、ある記録に着目したのでR。

155敗(歴代20位、2008年終了現在)


ひいゃぁ〜〜〜、よーけ負けてるなぁ〜〜〜。


勝率にすると五割六分程度、逆に云えば負率四割三分(打者なら奇跡の数字である、笑)。投手の通算成績をみてもっとも勝率が良い投手でさえ七割程度。これだけ勝てれば一流なのでR(ま、レベルの問題はあるが)。

なんだが目先の一勝や一敗に一喜一憂してるのは馬鹿らしくなってくる。
これくらい負けてもイイんですよ、人生は!そこのあなた!(誰?)てな気持にもなる。

ちなみに一番負け数が多いのが「金田正一 298敗」

298敗!?

一番勝ってる投手が一番負けているのだ。

そして200敗投手(7名)は200勝投手(24名)より少ない。分業化とローテーションの確立された現代では今後200勝投手が出現する可能性はかなり低いと云われる。ということは200勝以上あげないと達成できないであろう200敗投手の出現確率はもっと低いだろう。

つまりワタクシの願いは山本昌に(最後の)200敗投手となって欲しいのでR(笑)。

がんばれ!山本昌!

Posted by 陰陽師 at 17時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2009年07月03日(金)

Beat it [解説 > 経済金融 > 仕事]

ビネービネー

たまには滋賀ない、もといしがないリーマンブラザースの話でも、、、、、omg

ワタクシは(名ばかり)管理職なので毎月のお給金は定額支給でR。

わが社も昨今の不景気と関係なく業績が悪いので(関係ないんかい!)この四月の昇給昇格も見送られた。

つまり去年からお給金が全然変わっとらんということやね。

しかし6月のお給金、銀行通帳を見てみるとお給金の銀行振込額(手取り額)が増えているではないか!

え!間違い?ラッキー!?ん???




その理由は、、、、

続きを読む

Posted by 陰陽師 at 12時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

A night at the RAG Vol.4 レポ の前に。。。

A night at the RAG Vol.4 レポ の前に。。。

Brenda☆Night( with MFCオーナー)に逝ってきた

Brenda☆Night( with MFCオーナー)に逝ってきた

仰け反ったぞよ

仰け反ったぞよ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.