21世紀のスキツォイドマン、重低音の魔術師、現代音楽の語りべ、数々の異名を持つ 謎の ベーシスト 『陰陽師』 があなたに捧げる毒舌プライベート・ダイアリー。今宵もあなたを華麗なる陰陽師ワールドへいざなう。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2010年09月19日(日)

U-DON [書き物 > グルメ]

ウ、ドン♪


讃岐饂飩を食べに讃岐まで逝ってきた。

何を思い立ったか死ぬまでに一度はというほど大袈裟ではないものの讃岐饂飩をゆわすべく百三十里を超える大遠征物語がワタクシを待っていた(意味混線)。

あ、そうだ、我がレガちゃんにはナビが無い(笑)、しかし小さい四国の地図と陰陽師ナビでどうにかなった。ん?陰陽師ナビって要するに「カン」です(爆)。

ことの起こりはさておきここのHPを大いに参考にしというかプラン通りというかまず最初に向かったのは「なかむら」。

高速を降りてモタモタしてたら開店時刻が過ぎ、現地に着いたら「120分待ち」と云われたので即効あきらめた(笑)。人間見切りが肝心である。

そして次に向かったのが「中村」。ん?「なかむら」と似てる、つーか、なんでも「中村」の大将は「なかむら」の実弟らしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

中村の行列、饂飩の写真、撮り忘れた(涙

行列はそれほどでもなかったので早く食べられるかな、と思ったが意外と待たされて30分待ち。この店、店内が狭いから待ち時間が長くなる。

そして食べたのは冷たい饂飩に冷たいダシの「ひやひや」トッピングに海老天かき揚げちくわの天麩羅をつけて二人で¥850也!安い!味は、、、、、讃岐饂飩(笑)、、、うん、そーだ。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

長田in香の香の行列、駐車場は広い。

次は「長田in香の香」。ここは天麩羅や揚げといったトッピングとなるものが何もない基本的に素饂飩の店。沢山並んでるが店内が広いので早く捌ける。そして「釜揚げ」を頂く。二つで¥500(笑)。何か饂飩に甘みがある。何か練りこんであるのか?今回行った店の中では一番美味かった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

恐るべきシンプルさ

ちなみに上の二つの行列写真、観た感じ同じように見えるが「長田」のほうがはるかに駐車場は広い。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

移転してます、余り周知されていないようで皆もとの店に向かってました。

次にそして最後に行ったのが「山下」。待ち時間は20分くらい。「冷たい饂飩」とトッピングに薩摩芋の天麩羅と揚げを頂く。二人で¥810(笑)。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

どの店でも「小」を頼んだ。解説によると小の饂飩の量は200グラムくらいらしいから全部で600グラム。トッピングが400グラムとして全部で一キロ(笑)。いくら饂飩の消化がイイといっても食い過ぎです。

予定では五軒周るつもりだったがギブアップ!でも何軒何十軒回る人達って居るけどそんなに大食いなのか???

この時この体調で食べたこの三軒の店では「長田in香の香」の饂飩が一番だった。しかしそれにしても大阪や京都や奈良で食せる讃岐饂飩とどこが違うの?という感じだった。

「いや本場は違いまっせ」とわかったような口利くそこのあなた!饂飩は美味くてもやっぱり置きっぱなしのネギは乾燥してくるし天麩羅も冷えてくる。そしてこれだけ客が多いと食べるほうも忙しないというか追い立てられるようで味わってる暇がない。

讃岐で食せる饂飩はほとんどが自家製だから確かに安い。安いけど高い交通費を使って行けば経済的には相当高い。何かブームに乗って讃岐饂飩ツアーになってるけど現地は饂飩食べる以外何もすることがない(笑)。

まあ結論はわざわざ饂飩食べるためだけに行くことはない、何かついでがあれば現地で饂飩を食べてもいいが基本自宅近所の讃岐饂飩屋でじっくり噛締めて食べるのが一番!ということです、ハイ。

Posted by 陰陽師 at 23時22分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

2010年09月08日(水)

All For One [解説 > 音楽]

気が向いたのでCDのレビューでも書いてみようと思ふ。

お題はもちシェラザード(爆)。発売日は9月22日、皆CD屋に走れ(走らんでもよろしいが)。


All For One/Scheherazade

1. プロローグ
作曲:トシ(以下特に記載なければ作曲はテル)
この曲だけ新曲。新「曲」といってもシンセでコード弾きとメロディをチョロチョロっと鳴らしてるだけ。ほれライブの導入部にメンバーが登場する際のSEそのもの。そー思えば気も晴れる(ん?)。

2. 鏡
シェラザードで一番最初に作られた曲、今を遡ること三十数年前の話(笑)。兎に角暗い重い胃もたれを起こしそうだ(笑)その重さもヘヴィメタルのそれとは違う。しかしこれぞロック、明るくて楽しくて前向きなものはロックではない、カスだ(爆)。皆で陰鬱になろう!イエイ!

3. カストラート
※最近の曲。といっても七年くらい前(笑)の曲。暗くない、奇跡だ(笑)。

4. 誘惑の街へ
シェラザードでは唯一明るくて楽しくて前向きな音楽が好きな人達がこれまた大好きなステージと会場の一体感を味わえるポップな曲。但し暗い(笑)、暗いポップだ(爆)。

5. 人形賛歌
今思えばこの曲、ラップだな(?)。但しやっぱり暗い、暗いラップだ(爆)。そしてヘヴィだ。基本シェラザードには暗くてヘヴィな曲しかない(誤爆)。

6. 悪魔が泳ぐ夢の国へ
シェラザードには珍しい静かな曲。但し出だしのみ(笑)。途中からはやっぱりヘヴィで暗い、最後は変拍子のゴリ押し(笑)。イイ曲だ。

7. 明日の影
作曲:ジュタロウ
やや平板な印象の曲。アレンジ力が問われるがスターレスヴァージョンではプレグレよりのアレンジ、ここでは原曲に忠実に平板なまま(笑)、いやこれが又いいんですっ!

8. ラプソディー
作曲:ジュタロウ
シェラザードに黒っぽい雰囲気を持ち込んだ曲。ぢつは一番一般受けしそう(一般?)。シェラザードで二番目に作られた曲、今を、、、(以下省略)。

9. オールフォーワン
※くりかえし


とここまで読んでくれたアナタ!きっと欲しくなったと思います、そーです、そー思ったアナタは真ロケンローラーです。思わなかったアナタは似非ロケンローラーです。

以上

Posted by 陰陽師 at 13時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年09月05日(日)

シェラザード一手きたけど [解説 > 音楽 > ライブ参戦]

シェラザードセカンドアルバムレコ発ライブ、場所は心斎橋soma。

何よりも驚いたことに今回はギタリストにしてシェラザードのほとんどの曲を書いているテル(平山照継)さんが体調不良のため欠場だった。なんでもリハには来ていたそうだが体調不良のため病院に行ったとのこと。来週の東京はどーなるかわかりません。急病なのかなんなのかよくわかりませんが兎に角お早い回復を祈っております。


なのでライブはスターレスならぬギターレス(笑)。寿太郎さんがたまたまセカンドアルバムの音源を持っていたためアルバムの曲だけはギターの音源を使って同期演奏となった。よって曲順はアルバム収録順。おそらくラストかアンコールでやるような曲も中盤で演奏されたりでライブの構成としては結構綱渡りでした。

残念な形ではありましたが急なことだけに致し方ありません。

重ね重ねですがテルさんの体調が早く回復されることを祈っております。

Posted by 陰陽師 at 23時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2010


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

陰陽師

ベース弾き

陰陽師

★☆最新ライヴ情報☆★

Lilac Genesis

○日時:2013年3月2日(土)
○場所:京都 都雅都雅
開場:17:00
開演:18:00
チャージ 前売¥2,000、当日¥2,500(1ドリンク、1フード別)


★☆★☆★☆★☆


特徴:蓄膿気味の癖に匂いに敏感
難聴気味なのに音に敏感
無神経なのに神経質

趣味:哲学

モットー:ひとりぼっちのあいつ

所属するバンド:Doble Axe、Lilac Genesis

PHOTO(もっと見る

★★「nakomi & Her Slaves」★★★ nakomiとそのゆかいな奴隷達

★★「nakomi & Her Slaves」★★★ nakomiとそのゆかいな奴隷達

黄砂

黄砂

キンショウホウ

キンショウホウ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2012 SANDY-JP.COM All rights reserved.