McCartneyとRUSHとプログレ・ハード・ポップをこよなく愛する孤高のロケンローラろくまんこと俺が、
己の命のオリヂナルミューヂックと我が日常を啓示するタメぐちブログだ。
トラックバック、コメント、知らないヤツでも大歓迎、というかいっぱいしてくれ。でないと寂しいだろ。お前誰とか言わんから。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2008年02月25日(月)

BTR、遣ってきた、、、≪序章≫ [怪奇骨董音楽箱 > ライヴ参戦]

ようやく起床(いつから寝てる、笑)、、、

というわけで、2008年2月23日のBTRライヴ『フェアウェルツアーI@心斎橋ClubALIVE』(本番中、こういう名前に決まった、笑)は滞りなく終了した。

来場いただいたキミ、本当にありがとう。キミたちがいて、僕がいる(byチャーリー浜)キミたちあってのBTRだ。感謝感激だ。予定してくれてたのに惜しくも都合で来場できなかったキミ。とても残念だがまた機会があったらその時は是非。そして予定もしてないし行く気もさらさらなかったキミ。日頃のろくまんの行ないが悪かったんだな。自戒しておくよ(笑)

画像(468x310)

Photo by ヒデキング殿

ライヴが終わって打ち上げへ行って、、メンバーと観客2名を乗せて大阪を出たのが2時ごろ。小雪が舞う、、どころか吹雪いてきた。路面も雪化粧でみな徐行運転。スタッドレス履いてて良かった、、、

梅田、向日市、梅津、七条、と順に降ろしてまわって帰宅。既に4時まわってた。そして爆睡。。。朝8時に起きて車で某地へ行って帰ってきて、、、ちょっと昼寝してたかじん見て、、、さすがに眠いので本格的に寝始めて、、、月曜朝、、、仕事サボることにして(爆)さらに寝て、、、

一行目へ。

Posted by ろくまん at 18時19分   パーマリンク

2008年02月17日(日)

BTR、ライヴ遣る。 [怪奇骨董音楽箱 > ライヴ参戦]

いよいよ次の土曜日だ。という事で最終告知。

    * * * * * *


■日時■

2008年2月23日(土) OPEN 16:30 / START 17:00

■場所■

心斎橋 「club ALIVE!
大阪市中央区東心斎橋2-4-4 佛蘭西館ビル5階
TEL:06-6213-8585
オフィシャルサイト:http://club-alive.net/

■チケット■

前売:2,000円 当日:2,500円

■出演バンド■

DAKKEN (DOKKENのカバー)
BTR (RUSHのカバー)
GRAND FANQ (GFRのカバー)
THE SONGS OF EVE (ELPのカバー)
STRANDED (WHITESNAKEのカバー)
画像(468x262)

ラストリハ、、、誰が撮影?(笑)

まだ参加表明してないキミ。
来れるかどうか分からなくてもチケット取り置きしておくので気軽に連絡してくれ。

よろしく。

BTRは2番目で18:00からの出演予定だ。
あくまで予定なので前後する可能性はアリだ。早めに来るのが吉かもな。

ちなみにラストのSTRADEDが事情で出演しないという情報もあり、そうなるとはじめちゃん率いるThe Sons Of Eveがトリとなるな。何とかはじめちゃんらのパワーに負けないようにがんばろうと思う(笑)

Posted by ろくまん at 21時12分   パーマリンク

2008年02月13日(水)

RUSHERへの長く険しい道のり [怪奇骨董音楽箱 > ミュージシャンな生活]

何度も言ってるが今月23日(土)、RUSHトリビュートバンド「BTR」最後となる(かもしれない)ライヴをやる。RUSHファン、BTRファン、ろくまんファンは大事な用事を振り切って観戦に来てほしい(笑)

画像(468x263)

去年12月 プログレ普及会でのBTR

去年12月にプログレ委員会でもライヴやったところなのでその時のリハーサルも含めるともう何度もRUSHの演奏をしているのだが・・・・。

写真見ても分かるようにRUSHの曲にはシンセが必需品だ。トリオのバンドなのでサポートメンバーが弾いてるのかというとそうではなくベースのゲディ・リーが弾いている。当然シンセを弾いている間はベースはお休みだ。だけどそれではボトムが薄くなってアンサンブルとしてはいまいちだ。という事でRUSHはどうしているかというと、ゲディが左手でシンセベースの音を弾いている。また、ゲディはそれほど鍵盤が達者ではないのでシンセでコードではなくメロディを弾いている時は左手でベースを押さえる余裕が無いようで、そんな時は、ギターのアレックス・ライフソンがペダル鍵盤を踏んでベース音を出すのだ。そうやって足りない音を力を合わせて補っていくのがRUSHスタイルともいえる。彼らの曲をコピーする時、このあたりもしっかり再現するのがトリビュートバンドの使命でありまたそれが演奏していても楽しいのである。

で。ろくまんの場合シンセはYAMAHAの「MOTIF ES7」というヤツを使っていてこれ1台ですべての音をまかなっている。音色はレイヤー構造になっていて4つの音色を任意に重ねたり右と左に分けたりできるのでRUSHで必要な音は概ねコイツひとつで再現できるという頼もしいヤツだ。そんな素晴らしいシンセなんだが問題もある。同時に使える4つの音色を別々にアウトプットできないのだ。基本はトータルのステレオアウトだけで、もうひとつアサイナブルアウトってのがありそれはステレオアウトでなくそっちに音が出るように音色毎に設定できるというものだ。という事でろくまんはベース音をそのアサイナブルアウトに出力するように設定しているのだが、問題はアサイナブルアウトがボリューム調整ができないという事だ。リハーサルスタジオやライヴの会場で演奏の際、左手のベース音と右手のコードの音のバランスをうまくとってやらないといけない時に(場所によってバランスは変わってくるのだ)困る。

10?????£????????????????????¬?????????????????? M-10MX

10チャンネル・ステレオ・ミキサー M-10MX

という事でミキサーを買った。EDIROLの『M-10MX』というモデルだ。10チャンネル(ステレオ5チャンネル)インプットできてしかもコンパクト。つまみはゲインとボリュームしかないという割り切った仕様。シンセの上にチョコンと置いて利用できるというところが最高に気に入った。早速シンセに繋げてみる。。。

画像(468x351)

見た目は完璧だ(笑) 音のほうも恐れていたほど音の劣化もノイズも無くまあ合格点だ。電池で動くし邪魔にならず手もとでベース音とコード音のレベルを調整できてすこぶる便利。う〜〜んこれは良い買い物をした(満悦)

あと。ギターのアレックスが踏むペダル鍵盤もBTRではギターのTOM氏がその職責を全うする訳だが。ペダルがろくまん所有の1台しかないため前回のプログレ普及会ではその1台をろくまんとTOM氏が替わりばんこに踏む姿がどうやら滑稽に映ったようで、、二の線で攻めたいBTRとしては(笑)そのあたりをなんとか改善したい。

という事で、、、

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 20時32分   パーマリンク

過去のぶろくまんも見よ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ろくまんについて

ろくまん

ろくまん

本名:弥勒萬十郎
(みろくまんじゅうろう)嘘
2004年、魑魅魍魎の跋扈するリーマン社会に決別し新たな世界へ旅立った孤高のバーチャルロケンローラ
現在は良性発作性頭位眩暈症、肋間神経痛およびHGと格闘中なるもダイエット大作戦の成功でメタボリックシンドロームから完全脱却したスリムでイケメンの(笑)永遠の20代

手料理(もっと見る

なすとベーコンのトマトスパゲティ

なすとベーコンのトマトスパゲティ

レタスと帆立の塩炒め

レタスと帆立の塩炒め

ベーコンと春キャベツのスパゲティ

ベーコンと春キャベツのスパゲティ

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

ろくまんが注目してるサイト

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

[ Internet Radio ]

[ おすすめサイト ]

[ Admin Only ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005-2007 SANDY-JP.COM All rights reserved.