McCartneyとRUSHとプログレ・ハード・ポップをこよなく愛する孤高のロケンローラろくまんこと俺が、
己の命のオリヂナルミューヂックと我が日常を啓示するタメぐちブログだ。
トラックバック、コメント、知らないヤツでも大歓迎、というかいっぱいしてくれ。でないと寂しいだろ。お前誰とか言わんから。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2008年02月03日(日)

トリオの日 [怪奇骨董音楽箱 > ライヴ観戦]

2008年2月2日(土)

本日は朝からBTRスタジオリハ。朝の9時からスタジオで爆音出すのって、、学生時代の合宿以来かもな。リハのためのリハを前日というか当日朝の4時ごろまでやって、さあいよいよ寝ようかと思ったがお朝起きれるか心配しながらウトウトしてると目覚ましが鳴った。殆ど寝てないって事だなorz

4時間たっぷりリハをして体があったまると同時に腹が減った。という事で3人揃って昼食を。いつも見る所だが入った事のないカフェに入ってみる。2階に広い和室がありそこを占拠したら、、やたら居心地が良くて結局4時間近く居たな。男3人寄ればかしましい(、、、字が違うか)、、まあとにかく話は尽きなかったな(笑)

肝心のリハの出来は、、、次回のリハにかけるという事で意見は一致した(笑)、、まあがんばろう。

ろくまんはリハの写真を撮ってないがドラムのにーる・ぼじお氏がアップしてくれてるのでそちらを参照してくれ。その写真見てドラム叩きながらどうやって撮ったのかとかは疑問に思わない事。


4時間のリハ、4時間のランチのあと、、解散。その後ろくまんは某友人らと西院で飲んでからライヴバー「ビーバップ」へ。本日は前滝氏率いる『Trio de 天神川』のライヴだ。その名のとおり3人編成。キーボード、ベース、ドラムだ。といってもUKやELPをやるわけではない(笑)、、とってもオサレなピアノ(系)インストナンバーだ。聴いた事あるような、、無いような(笑)、、トライアドではないmaj7に始まり9thや11thや13thが入り混じり(根拠なし)気持ちのいい転調を繰り返すようなAOR系の曲が主体だった。あまりに気持ちよすぎて半分くらいは寝息を立ててしまった(汗)、、すまん。

画像(468x263)

Trio de 天神川

しかし半分はしっかり聴いてたのだ。3人ともプロ系らしくとにかく上手い。えせベーシストなろくまんが見てとにかく驚いたのはベーシスト(たしか渡辺氏だっけか)。オサレな曲をオサレに弾きこなす。とにかく手つきがヤラシイやさしい。タイム感がすばらしく運指がすばらしくそして何よりも音使いがすばらしい。彼らの演奏はオリジナル曲ではないがアレンジは独自のもの(だと思う)でベースのフレーズも完全に彼のベースラインなのだ。あれだけ複雑(の筈)なコード進行の曲群にあれだけの経過音をさらっとしかも恐らくアドリブで弾ききっているのがなんとも格好良い。先日のDjamra荘園のベーシストも超絶テクニックで激しく上手かったがそういうのとは次元(というかフィールドというか)が違う上手さだ。それほどベースで上達しようという気が無いろくまんだがこの渡辺氏(曖昧なまま名前確定)のようなベーシストにはなりたいとつくづく感じた。なんでもキンコウ楽器でベースを教えているらしい。

習いに行こうかな。。

ただ、、どうやら陰陽師らと同門らしいが(だからどうという事ではない、笑)

話変わるが。そのビーバップでの会話。どういう流れだったかは失念したが、ろくまんはオタクだという話になった。確かにそうだと思う。基本的に真摯に音楽やってる人間はみなオタクだ。おまけにコンピュータやゲームも好きな分オタク度は高いと思う。自覚してるよ。しかしだ。オタクはオタクでもオサレなオタクだと自負している(笑) 決してオタクファッションに身を包む事はない。決してない。それだけは断固としてない。

・・・・・と思ってたのだが、、、、

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 22時46分   パーマリンク

2007年12月03日(月)

六合煎ってきた、、 [怪奇骨董音楽箱 > ライヴ観戦]

画像(468x351)

なんかロクな写真ない

ろくまん的観戦ギネス記録更新中の六合のライヴ、またまた炒ってきた。何回目かは左の検索窓に「六合」と入れれば判る(笑) どうやら2年前の2005年9月が初観戦のようだ。

あの頃の事をちょっと思い出してみた。

ハローワークで(笑)某Greeeeeen氏に誘われて北山BBAでのメタルセッションに参加しようと決めたはいいが誰ひとり知り合いも居ないし心細いなあという頃それも多分Greeeeeeeeeeeen氏からの情報でメタルセッションやその後のQueen@RAGへの参加者が沢山観戦に行くだろうという六合というバンドのライヴがあると。正直顔繋ぎに出せる顔は出しておいたほうがいいだろうという感じで京都MUSEへ行ったと思う。

初めて聴いた時は大そうビックリしたもんだ。ブッといサウンドと複雑なリズムにGackt風ボーカルの強烈なバンドだった。当時はメンバーも今ほどリラックスした感はなくちょっと殺気立った印象を持ったのもあるかもしれない。ろくまんの知らない90年代のプログレメタルっぽいラウドロック系、ほら(誰に言ってる)、フジロックとか(のビデオ)観たら全然知らないアメリカの厳ついラウド系バンドいっぱい出てるだろ(ろくまん基準の会話なので念のため)。あんな凄さを感じた(伝わるのか)。

観戦回数を重ねるうちに(途中CDを入手して聴いたりもして)案外シンプルな曲が多い事に気付きはじめた。出てくる一音一音が過激なので曲自体もDream Theaterのように複雑怪奇であるような第一印象だったがどうやらそういう方向性の音楽でない事に気づいた。中には重厚長大で途中が5拍子なんて曲もあるが基本はキャッチー路線なのだ。メロディーを大事にしている曲が多い。いや、ひょっとしたら最初はそうでもなかったのがソングライティングしていくうちにメロディアスな曲が増えてきたのかもしれないな。まあメロディが音楽の基本だと思うけどね。ちゃんとハズしてなかったんだ彼らは。

で、今回のライヴはというと、、、

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 01時20分   パーマリンク

2007年05月14日(月)

ノスタルジックな六合侍 [怪奇骨董音楽箱 > ライヴ観戦]

すっかり時機を逸した感はあるものの、4月30日、5月5日、5月10日、と続けてライヴ観戦+αをしてきたのでそのレポなどを少々。

  • ノスタルジックス@ホンキートンク(4月30日)
画像(380x285)

ノスタルジックス

京都国際会議場の西、乗馬クラブのところにあるカントリー系ライヴハウス『ホンキートンク』。ここを牙城にしているバンド「ノスタルジックス」。ろくまんにとってはホンキートンクもノスタルジックスも初体験。アメリカ南部風のカントリーフレイバーたっぷりの店内で瓶ビールをラッパ飲みしながら聴く演奏は以外にも(?)60〜70年代の洋楽懐メロ。半分以上ろくまんも知ってる曲だった。客層も演者も総じて40〜50代(ろくまんより遥か上の世代、笑)だが演者と観客が一体となって溢れるパワーは年齢を感じさせない、、というかちょっと恐いくらい元気いっぱいでみんな人生を楽しんでるなあと羨ましくも感じたパワフルで(クールではなく)ホットなステージだった。バンマス親方らに気を使っていただいてアンコールのロックンロールメドレーでベースを弾かせてもらった(同行のY皇帝もギターで参加!)。決してやりたいと手を上げたわけではない(笑) 酒入ってるのでまともに弾けるわけもなかったんだが洒落だからこれはまあいいだろう。

終演後、観戦仲間というかレギュラーメンバーでのアフターは笑笑へ(笑)


  • 六合@烏丸MOJO(5月5日)
画像(380x285)

六合

とっくにYES(3回)をぶっちぎって既に何度目の観戦かわからない「六合」。ボーカルの積田氏が不慮の事故のため活動休止していた彼らの復活ライヴ。まだ完治してないためギターを持たずハンドマイクでの勝負だ。ギターが1本になった代わりかどうかは知らないが今回からシンセとバッキングギターを同期で流すという試みも。少々シンセの音量が大きすぎたきらいはあるものの各曲に彩りが加わって好印象な変革だ。ギターも1本でやるとライヴでは案外スッキリしていてこっちのほうがいいのかも。ボーカリストがボーカリストらしくアグレッシヴに動き回る事による視覚効果も期待できるし。あとはステージングにおいてもバンドの世界観の表現をさらに推し進めるのがいいと思う。

終演後はレギュラーメンバー+もうひとりの女王とギター職人K氏という顔ぶれで、、、、笑笑(笑)



そして最後は、、、

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 00時00分   パーマリンク

過去のぶろくまんも見よ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ろくまんについて

ろくまん

ろくまん

本名:弥勒萬十郎
(みろくまんじゅうろう)嘘
2004年、魑魅魍魎の跋扈するリーマン社会に決別し新たな世界へ旅立った孤高のバーチャルロケンローラ
現在は良性発作性頭位眩暈症、肋間神経痛およびHGと格闘中なるもダイエット大作戦の成功でメタボリックシンドロームから完全脱却したスリムでイケメンの(笑)永遠の20代

手料理(もっと見る

さんまのみりん干し

さんまのみりん干し

天天有らーめん

天天有らーめん

麻婆茄子

麻婆茄子

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

ろくまんが注目してるサイト

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

[ Internet Radio ]

[ おすすめサイト ]

[ Admin Only ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005-2007 SANDY-JP.COM All rights reserved.