McCartneyとRUSHとプログレ・ハード・ポップをこよなく愛する孤高のロケンローラろくまんこと俺が、
己の命のオリヂナルミューヂックと我が日常を啓示するタメぐちブログだ。
トラックバック、コメント、知らないヤツでも大歓迎、というかいっぱいしてくれ。でないと寂しいだろ。お前誰とか言わんから。

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2008年02月13日(水)

RUSHERへの長く険しい道のり [怪奇骨董音楽箱 > ミュージシャンな生活]

何度も言ってるが今月23日(土)、RUSHトリビュートバンド「BTR」最後となる(かもしれない)ライヴをやる。RUSHファン、BTRファン、ろくまんファンは大事な用事を振り切って観戦に来てほしい(笑)

画像(468x263)

去年12月 プログレ普及会でのBTR

去年12月にプログレ委員会でもライヴやったところなのでその時のリハーサルも含めるともう何度もRUSHの演奏をしているのだが・・・・。

写真見ても分かるようにRUSHの曲にはシンセが必需品だ。トリオのバンドなのでサポートメンバーが弾いてるのかというとそうではなくベースのゲディ・リーが弾いている。当然シンセを弾いている間はベースはお休みだ。だけどそれではボトムが薄くなってアンサンブルとしてはいまいちだ。という事でRUSHはどうしているかというと、ゲディが左手でシンセベースの音を弾いている。また、ゲディはそれほど鍵盤が達者ではないのでシンセでコードではなくメロディを弾いている時は左手でベースを押さえる余裕が無いようで、そんな時は、ギターのアレックス・ライフソンがペダル鍵盤を踏んでベース音を出すのだ。そうやって足りない音を力を合わせて補っていくのがRUSHスタイルともいえる。彼らの曲をコピーする時、このあたりもしっかり再現するのがトリビュートバンドの使命でありまたそれが演奏していても楽しいのである。

で。ろくまんの場合シンセはYAMAHAの「MOTIF ES7」というヤツを使っていてこれ1台ですべての音をまかなっている。音色はレイヤー構造になっていて4つの音色を任意に重ねたり右と左に分けたりできるのでRUSHで必要な音は概ねコイツひとつで再現できるという頼もしいヤツだ。そんな素晴らしいシンセなんだが問題もある。同時に使える4つの音色を別々にアウトプットできないのだ。基本はトータルのステレオアウトだけで、もうひとつアサイナブルアウトってのがありそれはステレオアウトでなくそっちに音が出るように音色毎に設定できるというものだ。という事でろくまんはベース音をそのアサイナブルアウトに出力するように設定しているのだが、問題はアサイナブルアウトがボリューム調整ができないという事だ。リハーサルスタジオやライヴの会場で演奏の際、左手のベース音と右手のコードの音のバランスをうまくとってやらないといけない時に(場所によってバランスは変わってくるのだ)困る。

10?????£????????????????????¬?????????????????? M-10MX

10チャンネル・ステレオ・ミキサー M-10MX

という事でミキサーを買った。EDIROLの『M-10MX』というモデルだ。10チャンネル(ステレオ5チャンネル)インプットできてしかもコンパクト。つまみはゲインとボリュームしかないという割り切った仕様。シンセの上にチョコンと置いて利用できるというところが最高に気に入った。早速シンセに繋げてみる。。。

画像(468x351)

見た目は完璧だ(笑) 音のほうも恐れていたほど音の劣化もノイズも無くまあ合格点だ。電池で動くし邪魔にならず手もとでベース音とコード音のレベルを調整できてすこぶる便利。う〜〜んこれは良い買い物をした(満悦)

あと。ギターのアレックスが踏むペダル鍵盤もBTRではギターのTOM氏がその職責を全うする訳だが。ペダルがろくまん所有の1台しかないため前回のプログレ普及会ではその1台をろくまんとTOM氏が替わりばんこに踏む姿がどうやら滑稽に映ったようで、、二の線で攻めたいBTRとしては(笑)そのあたりをなんとか改善したい。

という事で、、、

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 20時32分   パーマリンク

2007年09月06日(木)

温故知新〜ろくまん plays...≪Reloaded≫ [怪奇骨董音楽箱 > ミュージシャンな生活]

調子に乗って第2弾。

画像(360x267)

なんともダサい格好だorz

今回はマニアックな選曲の曲をアップ。
RUSHの"Kid Gloves"とCamelの"Drafted"。

Grace Under Pressure

Grace Under Pressure / RUSH

Nude

Nude / Camel

前者は1984年のアルバム「Grace Under Pressure」B面2曲目に収録されているナンバー。イントロリフが"TakeFive"ばりの5拍子なのが印象的なストレートで軽快な曲だ。この頃のRUSHにしては珍しくゲディ・リーが1曲通してシンセに触れていない。ペダルで鳴らしてはいるが。

後者は1981年の「Nude」からの曲。ピアノのイントロといい歌メロといいギターの旋律といいひたすらどこまでも超美しいバラードナンバーだ。徴兵された兵士の自由への思いを歌っている。実は(ファンにはもちろん周知の事実だが)この「Nude」というアルバムはルパング島で発見された小野田少尉の物語なのだ。

どちらのアルバムもそれぞれRUSHとCamelの代表作、、というわけではないのだが今回取り上げた曲に関しては代表曲といって過言ではないとろくまんは思っている。オリジナルを聴いた事のないヤツはぜひそちらも併せて聴いてほしい。

というわけで、以下、ろくまん Plays RUSH and more...

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 00時00分   パーマリンク

2007年09月05日(水)

温故知新〜ろくまん plays RUSH and more... [怪奇骨董音楽箱 > ミュージシャンな生活]

ぽっかり空いた心の穴を過去の自分に埋めてもらおうと昔の音源を引っ張り出してみた。


画像(360x254)

この写真使うの2回目だな・・・

1987年。

ちょど20年前(ろくまんはまだ小学生)の事だ。大学の軽音楽部で(小学生違うんか)やってたコピーバンド。当時、RUSH、CAMEL、Baked Poteto、鈴木賢司あたりのコピーをやってた。ろくまんよりひとつ上のギタリスト氏が卒業するので記念に録音しようという事に。

とはいっても本格的にスタジオでレコーディングする金がある筈もなく、軽音用の練習室(クラブハウスの多目的ルーム)でドラム、ギターアンプ、ベースアンプにそれぞれマイクを立てての4トラックカセットMTRへのステレオ一発録り。ボーカル、ギターソロ、シンセあたりは残りの2トラックに何とか押し込んでアフレコ。

そうやって出来たカセットテープが3本。20年の時を越えて今、我がCubaseに取り込まれた。

そう。実は当時、録音はしたもののミックスダウンしないままカセットMTRは持ち主の後輩に返却されたのだった(笑)

テープの中身を精査してみると、おおよそ6曲分の演奏が収録されている。おおよそと書いたのは、ボーカルが一部抜けてる曲があったり、ノーミスで演奏されてるテイクがひとつもない曲があったりするからだ(笑)

その中から今回、2曲をミックスしてみた。奇しくもその2曲は近いうちに某連中と演奏する事になった曲だ。RUSHの"The Spirit Of Radio"とCamelの"Echoes"。ひとりで聴いてても楽しくないのでここにアップしてみたい。興味を持ったならぜひ聴いてほしい。

続きがあるので読んでくれ

Posted by ろくまん at 00時50分   パーマリンク

過去のぶろくまんも見よ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ろくまんについて

ろくまん

ろくまん

本名:弥勒萬十郎
(みろくまんじゅうろう)嘘
2004年、魑魅魍魎の跋扈するリーマン社会に決別し新たな世界へ旅立った孤高のバーチャルロケンローラ
現在は良性発作性頭位眩暈症、肋間神経痛およびHGと格闘中なるもダイエット大作戦の成功でメタボリックシンドロームから完全脱却したスリムでイケメンの(笑)永遠の20代

手料理(もっと見る

なすとベーコンのトマトスパゲティ

なすとベーコンのトマトスパゲティ

ハンバーグ

ハンバーグ

ビーフカレー

ビーフカレー

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

ろくまんが注目してるサイト

[ SANDY-JP.COM ]

[ Friends ]

[ Internet Radio ]

[ おすすめサイト ]

[ Admin Only ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005-2007 SANDY-JP.COM All rights reserved.