bandman@zooのリードボーカリスト(の筈)でありバンマス(の筈)の私、 「せくしぃCRAZY」さまが、限りなくプライベートな日記を赤裸々に綴ります。 ここは大人のページだから18歳未満禁止よん♪

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年07月18日(火)

Live at Blue Note C [つれづれ]

アキコグレイス

同僚からサンクスチケット(割引券)を貰ったので行ってきたアキコさん。

全然関係ない話だが、過去に二人だけ共に人生を歩んで行きたいと願った女性がいたのだが、その女性が二人ともアキコと言う名前だった。
明子と別れた次の女性が亜希子だったのでなんとも変な気分だったな(笑)

予備知識がないライブは久しぶりだ、名前は知っているのだが彼女の演奏は一度も聴いたことはない

毎度のことながら開演前に酔っ払っている私を尻目に意外とミディアムテンポでしっとりとスタートする。

「おっとそうきたか」というかんだかJAZZっぽくないのである。その理由はわからないのだが、なんとなくそう感じた。

続いて2曲目。

「あれっ?これってヨシュアか?」

そう、ヨシュアとはU2の名盤ヨシュアツリーの事である。
そこからのナンバー
「Where The Streets Have No Name」

なかなかGOODな選曲♪ブラッドメルドーがレディオヘッドをカバーするようにロックもJAZZに変換するとまた雰囲気が変わる。。。

3曲目

軽い睡魔に襲われる、、、彼女の軽いジャブを受ける・・・
夢の中で私は洗濯をしていたようだ。。。

JAZZっぽくなかったのだが4曲目「ナイトアンドデイ」で一変する、後半の「オールブルース」も実にJAZZらしくJAZZでありJAZZだった。。。

しかし彼女の特筆すべきことは、、、オリジナル曲のセンスの良さだろう。

Paradoxical Climate
CITY TIME
DREAM
Earth〜This Beautiful Planet

と名づけられた曲郡は非常に秀逸で、タイトルが納得出来る音達であった。

歌詞という言葉ではなく想いを音で表現するのは実はとてつもなく凄いことではないのだろうか?

とふと感じたライブであった。

ブラボー!



Posted by せくしぃ at 07時10分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/sexy/tb.php?ID=291

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

せくしぃ

経理部

せくしぃ

孤高の吟遊詩人、永遠の性少年
好きな言葉は「青春」
尊敬する人「スナフキン」
趣味「JAZZ・インテリア・放浪・スラング英会話・プチ写真家・読書読漫・スポーツ評論家・己コーディネート・様になるカフェ大人チックなBAR・京都徘徊」
将来なりたいもの「サムライ魂を持った外人」

PHOTO(もっと見る

I LOVE NY 2

I LOVE NY 2

I LOVE NY 6

I LOVE NY 6

I LOVE NY4

I LOVE NY4

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2006 SANDY-JP.COM All rights reserved.