bandman@zooのリードボーカリスト(の筈)でありバンマス(の筈)の私、 「せくしぃCRAZY」さまが、限りなくプライベートな日記を赤裸々に綴ります。 ここは大人のページだから18歳未満禁止よん♪

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年07月31日(月)

after the rain [つれづれ]

時間が経つとこんな私でさえあたりまえのように罪悪感が襲ってくる。
今更、過去をあーだこーだと分析しても結果は何も変わらない、だがあのような形で彼女を傷つけてしまった事を私は引きずるだろう。
自分自身にも向き合わないといけない、しかし考えようとするとバランスが崩れて薬に手が伸びる。

別れた次の日、すぐに親友と食事に行った。前述したが「あれもこれもどれもそれも…いったい何がやりたいねん?」と叱責されて、
「いったい何を焦っているねん?」と柔らかく諭される。
結局、自分がわかっていなかった。。。また同じ事の繰り返し。。。

春、桜の咲く頃。
長年通っていた英会話が終わって、週末フリーの時間が増えた。
気がつけば年齢は30を重ねるほどになった。
中身の伴わない大人子供はいつも見えない何かに追いつきたいと願っているし、いつだって大人に憧れる。
「さぁ、どうするよ俺?ボチボチやるか?」自分に問い掛けた答えはもちろんYESだ。そして勢い良く飛び出していく。
ちょうどその頃に彼女と出会い付き合いが始まった。歳の差は10、未開の地。躊躇しなかったかと言えば嘘になるかもしれない。
彼女が抱えているものを私に吐露した時、支えてやりたいと思ったのが付き合うことを決意した大きな理由だ。
また最初に100%好きでなかったのも、どこまで人と向き合ってどれだけ好きになれるか?という自分への挑戦でもあった。

付き合いはじめから彼女は良く泊まりに来た、外泊がOKな家庭だったので週末はほぼ一緒、金曜の夜から月曜の朝まで一緒にいたこともあった。
そしてこの時期に私は平行してサックスと簿記の学校に通い始めたのだ、少し無謀なTRY。
気がつけば(厳密に言うと今まで気がつかなかった)がんじがらめになっていて自分の時間が全く持てなくなっていた。常に何かに追われ、勉強しないかん、練習しないかん、遊んでやらんといかん、とにかく頑張らんといかん。
見事なまでに体調は急降下の一途をたどり、なによりも一番優先したい仕事にまで悪影響を及ぼすようになった。
イライラする日々、そんな中でもだましだまし、発狂しそうな瞬間も堪えて、意味不明の発汗にも耐えて、毎日を悶々と過ごしていた。

次第に彼女が私の顔色を見るようになった。無論、心配してくれているのだが、内に秘めたる欲求と不安をたくさん抱えているのが見えるようになった。
彼女はその内に秘めたるものをブログに書く、私はそれを見て彼女の気持ちを知る。こんな間接的な方法で私が向き合おうとしていた人とのコミュニケーションは行われていった。
考えることさえ、もう嫌になり「勘弁してくれ、俺はしんどい、頼むから一人にしてくれ」
私の深層心理はこんな言語の羅列で埋め尽くされていたはずだ。

そして7月のある雨の日、終わりはあっけなく実に突然やってきた。
彼女は私が与えた傷を背負って去っていった。
辛辣な言葉と形容しきれない悲しみと感謝の気持ちを置いて去っていった。
彼女に与えた傷だけを今日も後悔している。
「言い訳は確実にはっきりとするべきだ」受け売りの言葉だが、深く噛み締めた。

あれから一週間経った。久しぶりに一人の日曜日、簿記の学校も休んだ。

空を見上げたらいつもの夏になっていた。

Posted by せくしぃ at 18時10分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.sandy-jp.com/sexy/tb.php?ID=295

コメント

acooさま

レスありがとうございます。
今、気がつきました。せっかくコメントしてくださったのにお返事遅れて申し訳ありません。。。

あれから時間がたって、だいぶ落ち着きました。
僕が悪いので罪悪感だけ残っていますが、あの時感じた苦々しさは随分と柔らかくなりました。時間というのは優しくもあり残酷です。

>自分の気持ちを隠したままでは、きっと前には進めない。

きっとその通りだと思います。
やはり自分には正直でありたいですよね?
僕も今回の件でそれを学びました(あまり生かされないんですけどね・・・)
自分に嘘はつけないです。

好きという最もシンプルな形だけで全てがうまくいくと思っていた時もありました。
でもそうでない事も経験してきました。

望む答えでなかったとしても、、、
納得行く答えを出ることを願っております。

私のような、ぐだぐだ日記に「ありがとう」と言ってくださってありがとう!


せくしぃ@ZZZ 2006年09月27日 13時30分 [削除]

こんばんは。
つらつら〜と検索を掛けてココにたどり着きました。
古いブログのコメントなんて見られないかもしれないですが、とても、切なくて素敵だったのでヒトコト残したいと思いました。
伝えたいコトはいつも相手に届かなくなるトキに気付くモノです。あたしも、伝えたい言葉があります。伝えたいヒトは目の前にいるのに、いつも伝えきれないままサヨナラしてしまいます。
でも、それは今日で終わりにします。もしかすると、伝えるコトでもう逢えなくなるかもしれないけど、自分の気持ちを隠したままでは、きっと前には進めない。
だって、残された気持ちも言葉もかわいそうだから…。
せくしぃさんのブログを読んで、残された言葉が悲しいけど、素敵だと感じたんで、自分の望む答えじゃなくても、きっと相手に今のあたしの気持ちが伝わることを信じて前に進もうと思いました。
変な文章かも知れないですが、せくしぃさんの言葉で大切な気持ちを思い出しました。
ありがとう。

acco 2006年09月19日 00時19分 [削除]

こんばんは。
つらつら〜と検索を掛けてココにたどり着きました。
古いブログのコメントなんて見られないかもしれないですが、とても、切なくて素敵だったのでヒトコト残したいと思いました。
伝えたいコトはいつも相手に届かなくなるトキに気付くモノです。あたしも、伝えたい言葉があります。伝えたいヒトは目の前にいるのに、いつも伝えきれないままサヨナラしてしまいます。
でも、それは今日で終わりにします。もしかすると、伝えるコトでもう逢えなくなるかもしれないけど、自分の気持ちを隠したままでは、きっと前には進めない。
だって、残された気持ちも言葉もかわいそうだから…。
せくしぃさんのブログを読んで、残された言葉が悲しいけど、素敵だと感じたんで、自分の望む答えじゃなくても、きっと相手に今のあたしの気持ちが伝わることを信じて前に進もうと思いました。
変な文章かも知れないですが、せくしぃさんの言葉で大切な気持ちを思い出しました。
ありがとう。

acco 2006年09月18日 23時22分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

せくしぃ

経理部

せくしぃ

孤高の吟遊詩人、永遠の性少年
好きな言葉は「青春」
尊敬する人「スナフキン」
趣味「JAZZ・インテリア・放浪・スラング英会話・プチ写真家・読書読漫・スポーツ評論家・己コーディネート・様になるカフェ大人チックなBAR・京都徘徊」
将来なりたいもの「サムライ魂を持った外人」

PHOTO(もっと見る

ラブレター フロム ワルシャワ

ラブレター フロム ワルシャワ

我眼鏡男子也

我眼鏡男子也

夕焼けサイクリング

夕焼けサイクリング

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2006 SANDY-JP.COM All rights reserved.