bandman@zooのリードボーカリスト(の筈)でありバンマス(の筈)の私、 「せくしぃCRAZY」さまが、限りなくプライベートな日記を赤裸々に綴ります。 ここは大人のページだから18歳未満禁止よん♪

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2005年04月04日(月)

レストルーム [つれづれ]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

神戸国際ホールのお手洗い。
綺麗で広くて感動しておもわず携帯でパシャッ。

おほほほほ。

Posted by せくしぃ at 17時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

中村ノリって・・・ [スポ根]

やっぱり頭悪いのね・・・彼の夢っていったい・・・

Posted by せくしぃ at 12時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

フジコちゃぁん [つれづれ]

今年のライブ2発目、っと言ってもロックでもポップでもテクノでもなんでもない。

フジコヘミング&モスクワフィル交響楽団だっ!
念願のフジコヘミング。神戸は三宮まで少々足を伸ばす必要があったが、恐らくはこれから先それほど長い期間彼女の演奏を聴くことは出来ないだろう。
お歳もめしているし、なんてったって精神状態が不安定そう。

14時開演の神戸国際ホール、当然ながら始めてのホールだったがなんだか複合施設っぽくて建物の2階部分にホールがある、つまりは2階部分が1階席というわけだ。。。
私は3階席の手前の席で(¥10,000)上から身を乗り出すようにして鑑賞した。

二部構成、一部はフジコさんとモスクワフィルによるベートーヴェン「皇帝」 ピアノの鍵盤に彼女が触れるたびになにかが弾けたように優しい音色が広がる、まさに希望に溢れている感じだ。

「皇帝」が無事終わり、フジコさん退席、しかしいつまでも鳴り止まない拍手、二、三度出ては引っ込むを繰り返しようやく着席した彼女、なにかを話している。

「・・・・カンパネラ」

確かにそう聞こえた、アンコール一曲目、知らない曲、恐らくショパンではあるまい。それなら私も多少はわかるはずだ。。。
完全なるピアノソロ、オーケストラも彼女に見入っている。

一曲が終わり、息をつくまもなく彼女が鍵盤を叩く、、、
「たんたんたん、たんたんたん、たん、たんたん、たんたん」
その瞬間にゾワゾワゾワっと身の毛がよだつ。
NYで「42nd STREET」の幕が開いた時以来の鳥肌、ブルッと震えが来た。

リスト ラ・カンパネラ

確かロマンポランスキー監督の映画「戦場のピアニスト」のCMで流れていたような気がするから聴けばわかる人が多いと思うが、私が演奏して欲しかったのはこの曲とショパンのノクターン。

もの悲しい始まりから一転これでもかといわんばかりに激しくなる後半。旋律からイメージしたのは「悲哀・激情・死」
「短い命を燃やし生き急ぐ」ってな事をふと思った。その感覚が妙にフジコさんとシンクロした。。。

演奏終了後、割れんばかりの拍手、観客も皆良くわかっている。あんな拍手はさらさらないな。あちこちで「ブラボー」って声が飛び、いつまでも鳴り止まない。。。
そしてフジコさんはよたよたと帰っていった。

休憩をはさんで第二部。
リムスキーコルサコフのシェラザード。
過去に聴いた事あるようなないような私の記憶はその程度。
クラシックにも完全に自分の好みがある、ピンとくる曲はすぐに好きになるし、そうでない曲は恐らくウトウト寝ている(笑)

アンコールでまず「白鳥の湖」私はチャイコフスキーが一番好きなのでこれはヒットだった!予想もしていなかっただけに。

向こうの人は本当にちょっとした仕草が上手だ。3階席から手を振ったらマエストロはそんな私を目ざとく見つけて手を振り返してくれた。
時間を気にする仕草をして笑いを誘ったり、と本当にエンターテイナーだ。日本人にあれは出来ない。

とても優雅な一時を過ごすことが出来た。
音楽が良い。

それにしてもフジコさんのカンパネラは凄かった。
音楽は時に鋭利な刃物であり純粋な暴力であり精神的自殺だと思う。





Posted by せくしぃ at 09時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

日本の伝統〜土曜日のスピーチ〜 [つれづれ]

Today I'd like to talking about Japan's national sports.
Sumo is one of the most traditional sports in Japan.
The world of sumo is very closed. but I think there are still remain Japanese traditional for better or worse.

For exanple
The women can't get on to the stage.
Sumo wrestlers have to take reward at right hand.
Sumo wrestlers clap their hands to call the attention of the gods.
Sumo wrestlers throw salt to purify the ring.

Sumo has become rather international these days.
Did you know there are about ten foreign sumo wrestlers in the top division now?
And I think that makes sumo boring. I want to watch great japanese sumo wrestlers, like a Tiyonofuji or Takanohana.
Actually It's not very popular with young people now.
It'll be even more interesting if there are more strong japanese sumo wrestlers in the future!

By the way,I felt sad when the yokozuna Tiyonofuji retired .Because he was my favorite sumo wrestler.

Finally If you look at sumo you'll realize it's more than a japanese sports.

Posted by せくしぃ at 09時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

生誕祭 [つれづれ]

久しぶりに一人でゆっくり出来る時間がとれた土曜日。
少しぐらいは自分で自分をお祝いしてやろうと思い、ブラリと買い物へ。

私は順序を考え、その通りに事がすすまないと全てを投げ打ってしまうことが多々ある。
この日は「香水を買う→本屋に行く→服を探す→漫喫に行く→風○に行く」
で、香水を買いに某激安ショップへいったのだが・・・

閉店してやがる・・・

全てが嫌になって、結局「20世紀少年」を読みに走った。
Fuckなり。
部屋に帰る途中、TSUTAYAに立ち寄り「タイガー&ドラゴン」をレンタルする、夕食を取って私は一つの悩みと戦うのであった・・・

「風○どうしよう・・・」

先立つものがないのでもう4ヶ月ほど行っていないのだが、生誕祭という理由を自分につけることが出来る。
悩みに悩んで・・・出発したのが22時。。。

○○ちゃんも待ち時間15分で入れた。
「!こんな時間に珍しい〜」と言われつつ60分の擬似恋愛をする。
帰り際に
「愛知万博って行く?」
「あぁ、行きたいと思っているけど。」
「もう行く人決まってるの?」
「いや・・・まだだけど・・・」
「・・・よかったら一緒にいかへん?」
「えっ?マジで言うてる?」
「うん、一緒にいったら楽しそうやし・・・」

ふふふ。
新しい波がきてる、俺の元に大きな波がきている!!!

Posted by せくしぃ at 09時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2005年04月01日(金)

GO BACK TO 名張 [つれづれ]

出張から無事帰京。昨日は三重は名張へ、いざゆかん。
22時から26時まで働いた・・・
あぁねむい。。。

久々に電車に乗った、朝の電車は好きだ、車窓から春の息吹を感じクラシックを爆音で聴いてるとこれまさに酩酊。。。

さぁ、今日もがんばろう!

Posted by せくしぃ at 12時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2005年03月31日(木)

年中模索 [つれづれ]

最近仕事がおもしろい、いや厳密にいうとおもしろいわけではない。ただ何をすべきか?仕事とはいったい何か?このへんの視界が広がって良好なのである。

「俺なんか違うんだなぁ、こうじゃないなぁ」と思い軌道修正が図れるようになってきたのだ。
試行錯誤すればなんかそれなりに見えてくるものがあるんだなぁと思う。

がんばろ。

Posted by せくしぃ at 13時36分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

STONE COLD [つれづれ]

朝目覚めると鼻が詰まってどうにもならない。
おまけに寒い。
これはいったいなんなのだ?裸体で寝ると風邪を引くということを前回のHで悟ったのでしっかりとシャツは纏っていたのだが・・・やはり週末の過酷なHが引き金なのだろうか?

昨日相棒の92が会社を退職した。「明るい退職」をモットーに3年間がんばってきた彼にとってこの選択がどうなのか?それは私にも誰にもわからない。

彼は2週間後、東欧へ旅立つ、まずポーランドに入り、それからチェコ、時間があれば近隣諸国も見てまわるのだろう。。。
5月の最終週あたりで合流できればいいのだが、いかんせん先立つお金がないのでやはりPASS。

帰国後、声がかかっているソ○トバンクへ行くのか、専門学校の先生になるのか、新たに会社を立ち上げるのか、そのあたりはまだまだ定かではないが、これからの彼の人生がイカシテルことをただ願う。



Posted by せくしぃ at 13時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

vs バーレーン [スポ根]

G子JAPAN薄氷の1勝。からくもというかギリギリというかなんというか・・・
まぁ、とりあえず良かったが・・・

せくしぃの戦評

@シュートは打たないと点はとれないぞ!
決定力不足と言われつづけているが昨日の試合はそれ以前の問題だ。
相手が守備をガチガチに固めていたこともあるが・・・
まずスペースにパスを出してそこに走りこむ、もしくはダイレクトでパスを出す、そうでもしないと高さがあるのにセットプレーで中々点なんてとれないよ。。。
実際、前半の半ばで俊輔が相当数FKやCKを蹴ったがチャンスらしいチャンスなんて一度もなかった。
鈴木はあいかわらず、シュミレーションが多い・・・
体は強いし追いかけまわすスタミナは評価するが点をとる匂いは全然感じない。
タカもそう、走り回る茶坊主のように見える。ジュビロで得点王になっていたあのやばい目の頃の雰囲気はない。
解決策としてはエメを早く帰化させる、そして田中達也を呼び寄せる。そして久保の1日も早い復帰。
高原・鈴木・エメ・田中・久保、FWはこうあるべきだ。

Aヒデは本当に必要か?
疑問に感じる。彼のポジションはもうないのではないだろうか?
昨日の彼も良くなかった、まず目立ったのがパスミス。しょうもないのが多かった。連携の悪さもあるのだろうけど・・・
ヒデ→俊輔のホットライン!!!とか言われていたけど全然機能していなかったような気がする。
3-5-2でボランチは福西&小野がBESTだと思うし、稲本も遠藤もGOODだ、左はアレのスピード&正確なクロスが魅力だし、中盤はもちろん俊輔、さすればあとは右サイドしかない。

B日本の右サイドは加地でいいのか?
私は反対だ。人材が他にいないのか?例えば市川とかどうなの?
ヒデを右サイドってのもありだと思う。少なくとも昨日のボランチよりは良いと思うのだが・・・

後半の左サイドからの攻撃はよかったと思う。アレのスピードはやはり魅力だ。だからこそ最後のイエローカードはいらんっ!おんみょうじ氏に激しく同意だ。。。

とりあえず、今のG子ジャパンは点をとれる気がしない。
FWはポストが出来る背の高いやつとドリブルで抜ける足の速いやつこれしかないでしょ?

とりあえずエメを帰化させよう!

Posted by せくしぃ at 09時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2005


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

せくしぃ

経理部

せくしぃ

孤高の吟遊詩人、永遠の性少年
好きな言葉は「青春」
尊敬する人「スナフキン」
趣味「JAZZ・インテリア・放浪・スラング英会話・プチ写真家・読書読漫・スポーツ評論家・己コーディネート・様になるカフェ大人チックなBAR・京都徘徊」
将来なりたいもの「サムライ魂を持った外人」

PHOTO(もっと見る

せくしぃのR25

せくしぃのR25

ラブレター フロム ワルシャワ

ラブレター フロム ワルシャワ

I LOVE NY

I LOVE NY

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2006 SANDY-JP.COM All rights reserved.