bandman@zooのリードボーカリスト(の筈)でありバンマス(の筈)の私、 「せくしぃCRAZY」さまが、限りなくプライベートな日記を赤裸々に綴ります。 ここは大人のページだから18歳未満禁止よん♪

SANDY-JP.COM HOME HEADLINE CALENDER PHOTO LOG LOGIN

2006年07月31日(月)

after the rain [つれづれ]

時間が経つとこんな私でさえあたりまえのように罪悪感が襲ってくる。
今更、過去をあーだこーだと分析しても結果は何も変わらない、だがあのような形で彼女を傷つけてしまった事を私は引きずるだろう。
自分自身にも向き合わないといけない、しかし考えようとするとバランスが崩れて薬に手が伸びる。

別れた次の日、すぐに親友と食事に行った。前述したが「あれもこれもどれもそれも…いったい何がやりたいねん?」と叱責されて、
「いったい何を焦っているねん?」と柔らかく諭される。
結局、自分がわかっていなかった。。。また同じ事の繰り返し。。。

春、桜の咲く頃。
長年通っていた英会話が終わって、週末フリーの時間が増えた。
気がつけば年齢は30を重ねるほどになった。
中身の伴わない大人子供はいつも見えない何かに追いつきたいと願っているし、いつだって大人に憧れる。
「さぁ、どうするよ俺?ボチボチやるか?」自分に問い掛けた答えはもちろんYESだ。そして勢い良く飛び出していく。
ちょうどその頃に彼女と出会い付き合いが始まった。歳の差は10、未開の地。躊躇しなかったかと言えば嘘になるかもしれない。
彼女が抱えているものを私に吐露した時、支えてやりたいと思ったのが付き合うことを決意した大きな理由だ。
また最初に100%好きでなかったのも、どこまで人と向き合ってどれだけ好きになれるか?という自分への挑戦でもあった。

付き合いはじめから彼女は良く泊まりに来た、外泊がOKな家庭だったので週末はほぼ一緒、金曜の夜から月曜の朝まで一緒にいたこともあった。
そしてこの時期に私は平行してサックスと簿記の学校に通い始めたのだ、少し無謀なTRY。
気がつけば(厳密に言うと今まで気がつかなかった)がんじがらめになっていて自分の時間が全く持てなくなっていた。常に何かに追われ、勉強しないかん、練習しないかん、遊んでやらんといかん、とにかく頑張らんといかん。
見事なまでに体調は急降下の一途をたどり、なによりも一番優先したい仕事にまで悪影響を及ぼすようになった。
イライラする日々、そんな中でもだましだまし、発狂しそうな瞬間も堪えて、意味不明の発汗にも耐えて、毎日を悶々と過ごしていた。

次第に彼女が私の顔色を見るようになった。無論、心配してくれているのだが、内に秘めたる欲求と不安をたくさん抱えているのが見えるようになった。
彼女はその内に秘めたるものをブログに書く、私はそれを見て彼女の気持ちを知る。こんな間接的な方法で私が向き合おうとしていた人とのコミュニケーションは行われていった。
考えることさえ、もう嫌になり「勘弁してくれ、俺はしんどい、頼むから一人にしてくれ」
私の深層心理はこんな言語の羅列で埋め尽くされていたはずだ。

そして7月のある雨の日、終わりはあっけなく実に突然やってきた。
彼女は私が与えた傷を背負って去っていった。
辛辣な言葉と形容しきれない悲しみと感謝の気持ちを置いて去っていった。
彼女に与えた傷だけを今日も後悔している。
「言い訳は確実にはっきりとするべきだ」受け売りの言葉だが、深く噛み締めた。

あれから一週間経った。久しぶりに一人の日曜日、簿記の学校も休んだ。

空を見上げたらいつもの夏になっていた。

Posted by せくしぃ at 18時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

せくしぃはじめて楽器を習うH [つれづれ]

別れて、親友に悩みを相談して、落ち着いて、そして始めてむかえた週末。。。

「お前はいったい何がやりたいねん?、あれもこれもどれもそれも手に入れたいのは良くわかる、でも手は二本しかないねん、その両の手でお前は何をしっかいりと掴みたいねんや?」

「・・・」
「・・・・・・」
「俺は・・・俺はサックスがやりたい・・・」

どうやらこの気持ちは本物なのかもしれない。。。

一人に戻った土曜日。
宵丸を抱えて愛車(ちゃり)で爆走。
ペダルを漕ぐ度に汗が滴り落ちる、それがなんだか心地よかった。

セッティングして最後にリードをとりつけて一発、腹の底から音を出すと、脳から足の指先までなにか蔓延しまくっている負のイメージが分解される気がする。
浄化されるとでもいうのだろうか?
綺麗な音が出た時の気分は恍惚感にも似ている。。。

レッスンのペースはどんどんあがってきた、楽譜の読めないせくしぃは未だに四苦八苦だが、それでもなんとかついていけている(と思う)

「一週間」「ラブミーテンダー」をさらっとこなして、いよいよオクターブ上の音域へ。。。

これが、なかなかどうして難しい・・・
サックスは奏でようとしている音のイメージをして吹かないといけない楽器だということを始めてしったのだが、これがなかなか難しい。。。なかなかどうして難しい・・・
僕はシとドが苦手だ、口が緩んできてドゥゥゥとその音はもはやドではない。。。

ぼちぼちと鴨川デビューも出来そうだな。

11月にはデビューも決まった(笑)
アニキから「11月のアニキナイトでポールマッカートニーのJET練習しとくように、3ヶ月あるから・・・」

やりまっせ!
めずらしく自信はないですが・・・
練習はしときます。

というわけで後、数回でいよいよまともな曲に入りそう!
練習あるのみ。。。

Posted by せくしぃ at 10時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2006年07月25日(火)

日曜日の憂鬱 [つれづれ]

いつもと変わらない日曜日の朝。

お風呂から上がったら彼女が「ママから電話がかかってきて帰ってきなさいって言われたから今日は帰る」と言って帰って行った。
私はこの日も体調不良でその後、深い眠りについた。

22時頃彼女からメールが一通。

私の行動が不審だったらしくお風呂の間にメールチェックしたらしい。
土曜日の夜、私は友人の紹介の女性とメールをしていたのだ、もはや弁解する余地はどこにもない。
彼女の言うとおり私の行動は彼女を裏切る行為であり傷つける行為であり、最低の行為である。

メールの内容は辛辣に私を責めたて、どれだけ毎日私を心配していたかを書き立て、そして最後まで振り向いてくれなかったことを嘆いて、そしてハッキリと別れて欲しいと書いてあった。

こんなにも誰かに激しく否定されたのは久しぶりで、まさにぐうの音も出なかった。
しかし、、、
心のどこかでホッとした自分がいて、むしろそちらにゾッとしてしまった。

結局一晩を考えて過ごすことになってしまったのだが、どこかでこういう結末を望んでいたのかもしれない。。。

私は酷い人間だとあらためて思った。

でもずっとずっとしんどかったのだ、一人になりたかったのだ。
こんな私は誰かを好きになる事は出来ないのかもしれない。

彼女をとてつもなく深く傷つけてしまった。
聡明で純粋な彼女のこと、私がつけてしまった傷は一生抱えていくのかもしれない。

出来うるならば一日も早く素敵な人と巡りあい、信じること、愛しあうことの素晴らしさを知り、幸せな人生を歩んで欲しい。

Posted by せくしぃ at 19時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2006年07月22日(土)

せくしぃはじめて楽器をならうG [つれづれ]

調子が悪いので今日はお休みしようかなと思う土曜日。

いやしかし、82Zもとい宵丸くんが泣いているではないかっ!
これはいけないと、重い体を引きづって、朝飯を食べている時間もないのでチャリを四条へと走らせる。。。

えっへん♪
と宵丸をクラスメートに見せびらかしながらセッティング。
ようやくスムーズに行うことが出来るようになってきた。

さて、どんどん難易度は増してドからドでは飽き足らずファの#まで使い、タンキングとスラーを織り交ぜてブリブリと吹きまくり。

そしていよいよ曲らしい曲に突入。。。

まずは

「一週間」っ!月曜日はナントカ食べてぇ、火曜日はナントカ食べてぇのあれである。

・・・・・

そして

「ラブミーテンダー」っ!らぶみーてんだぁーなんとかぁーなんとかなんとかぁ、小泉首相も好きなあれである。

・・・・・

早く、

「チュニジアの夜」
とか
「インアセンチメンタルムード」
とか
吹きたいんですが・・・

道は険し。。。

Posted by せくしぃ at 18時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

せくしぃ

経理部

せくしぃ

孤高の吟遊詩人、永遠の性少年
好きな言葉は「青春」
尊敬する人「スナフキン」
趣味「JAZZ・インテリア・放浪・スラング英会話・プチ写真家・読書読漫・スポーツ評論家・己コーディネート・様になるカフェ大人チックなBAR・京都徘徊」
将来なりたいもの「サムライ魂を持った外人」

PHOTO(もっと見る

ミステイク

ミステイク

レストルーム

レストルーム

ラブレター フロム ワルシャワ

ラブレター フロム ワルシャワ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事(ヘッドライン

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

[ SANDY-JP.COM ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2005 - 2006 SANDY-JP.COM All rights reserved.